この記事だけ見れば理解できるアメリカで貯めるマイル&ポイントビギナー完全ガイド

 

 

 

 

 

 

バックグラウンド

 

 

私がマイル&ポイントを貯め始めた頃ネット上にあったビギナー用の情報は1つのウェブサイトでは全てカバーできていない状態でした。

なのである特定のトピックについて書かれているブログを見つけて読み、さらに分からないことがあればまた検索して次のブログに移動し記事を読み・・・ということを繰り返していました。

自分が知りたい情報を探すのにも時間がかかりましたし、違うブログを読んで理解するのにも時間がかかりました。1人1人ブロガーによってスタイルが違いますから同じトピックが書かれているブログをいくつも読んでやっと1つのトピックが理解できるという感じでした。

 

同じ苦労をしなくてもいいように、私のブログでは「ビギナーガイド」というカテゴリーを設置し、ビギナーに最初に理解して欲しいトピックを記事にして書いてきました。

ビギナー用の記事を書くこと数年・・・たくさんのビギナー向け記事が用意できました。全て読んでもらえれば一通り基礎知識は身につくと思いますが、1つ1つの記事間の関係がどのようなものかちょっとわかりにくくなってきました。

 

そこで今回ビギナー用の記事をできるだけ1つの記事にまとめ、1つの記事をメインにそこからリンクされている記事を読むことでマイル&ポイントの基礎知識を身につけられるようにこの記事を用意することに決めました。

目標はこの記事1つをメインに使うことで、他のブログに行き情報収集をするという手間を割くことです。

では始めましょう!

 

マイル&ポイントを貯める目的

 

 

ネットで検索してこの記事にたどり着いた人は、エアラインマイルまたはホテルポイントを貯めたいと思い、どのようにしたら貯めれるのかを理解したいという人がほとんどだと思います。

では質問です。

 

あなたは何故マイル&ポイントを貯めたいのですか?

旅行したいから?

では、マイル&ポイントを使ってどの時期にどこに旅行行きたいのですか?

 

ここまで答えられるようにマイル&ポイントを使ってしたいことの目標を定めることだ大切です(詳しくはこちらの記事)。

何事にも目標を定めることが大切でマイル&ポイントも例外ではありません。

具体的に目標が定まれば定まるほど目標に向けてマイル&ポイントを貯めやすくなります。

我が家がマイルポイントを貯め始めた理由はアメリカ⇔日本のチケット代を浮かせることでした(詳しくはこちらの記事)。

 

 

アメリカでたくさんマイル&ポイントを貯める裏技

 

 

裏技は至って簡単です。最大のポイントはクレジットスコアを下げることを最小限にとどめ、できるだけたくさんのクレジットカード入会ボーナスをもらうことです(詳しくはこちらの記事)。

こちら↓が大まかな流れ

  1. 同じ日に数枚クレジットカードを作り、後に入会ボーナスをもらう。
  2. 前回クレジットカードを作ってから90日以降にまた①を繰り返す
  3. ①と②を繰り返すことでたくさんマイル&ポイントを貯めることができる

 

なぜ1~3を繰り返すことでたくさんのマイル&ポイントを貯めることができ、ほぼ無料で旅行が大切なのか?

以前マイルの貯め方を3パターンにわけで説明しました。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

ここで大切なことは、たくさんマイル&ポイントを貯めるには入会ボーナスを狙う!ということです。

 

クレジットカード1枚から始めたいと思っている人はぜひこちらの記事を読んでください!

格安に旅行するには同時にたくさんクレジットカードを作らなくてもできます!まずはこの記事↑で紹介されているSapphire Preferredから始めてみてください。とても簡単にポイントが貯まり、とても簡単にポイントを使うことができます。

 

 

マイル&ポイント関連の単語集

 

 

当ブログで登場するマイル&ポイント関連の特有の単語をリストアップしました。

「この単語の意味はなんだろう??」

と思ったら是非こちらの記事を読んでみてください。

 

 

よくある質問

 

 

 

 

 

 

こんなことが本当に可能なのか?

可能です。実際私がやってブログで紹介しています&たくさんのブログ読者さんもやっています(みなさんからたくさんの成功メールをもらいます実際にできる証拠)。

確かに「クレジットカード作って旅行たくさんできて、しかもほぼ無料!」と聞くと胡散臭いですが、たくさんの人が当ブログで情報収集をし旅行を楽しんでおられます。やってみていい思いをするか指をくわえ見ているかはあなた次第です!

 

これは違法か?

違法なことはしません。。ルールを守りながらベネフィットを最大限に利用しているだけです。逮捕されることはありません!ポイントはただベネフィットを利用するだけではなく最大限に利用することです。

 

誰にでもできるのか?

→SSNがありクレジットスコアがある人であれば可能。

 

何でこんなにすごい情報を無料で見知らぬ人に提供しているのですか?(何か怪しくない?)

→ブログを始めた理由は自分の趣味で他の人の役に立つことができたらちょっとは自分の人生豊かになるんじゃないかなーと勝手に思ったからです(笑)ある意味自己満足です。

 

駐在員でも可能か?

→たくさんの駐在員の方がこの裏技を利用してマイル&ポイントを貯め旅行しております(駐在員専用のガイドはこちらの記事)。最近の問い合わせメールのほとんどは日本から駐在で来られた方からもらっています。

 

専業主婦で収入ないけどできるの?

→SSNとクレジットスコアがあれば収入がなくてもできます(詳しくはこちらの記事)。

 

こんなにクレジットカード作らなきゃいけないってことは結構な収入が必要ってこと?

→今している買い物を全てクレジットカードで支払うだけで簡単にマイル&ポイントを貯めることができるので収入は今のままでも大丈夫!収入が少ない人でもクレジットカードたくさん作ることが可能です。実際に私は学生の収入でクレジットカード20枚ほど作れました。

 

クレジットカード作り過ぎで銀行のブラックリストに載らない?

→クレジットカードを作り過ぎという理由だけでブラックリストには載りません。システムの乱用(1ヶ月に100000ドルのギフトカードを購入を続けるなど)をするとブラックリストに載ります。

 

クレジットカード作り過ぎてすぐに作れるクレジットカードがなくなっちゃうんじゃない?

→アメリカはクレジットカード大国なのでたくさんの種類のクレジットカードが存在します。それに毎年新しいクレジットカードが発行されています。作れるクレジットカードがなくなるということはありません。

 

クレジットカード解約したらマイルとポイントが没収されちゃうんじゃないの?

→エアラインマイルとホテルポイントはクレジットカードを解約しても没収されません。クレジットカード会社に電話して確認するとマイル&ポイントは没収される!と脅されますがエアラインマイルとホテルポイントは絶対になくなりません。没収されるポイントはクレジットカードを使って貯まる銀行のポイントのみです!

 

マイルって現金で購入できる?

→購入できますが1年間で購入できるマイル数を制限しているエアラインがほとんどです。

 

自分のエアラインマイルと自分以外の人のエアラインマイルを合算できる?

→基本的にできませんがANAとBA(British Airways))はファミリーアカウントがあるので家族であればマイルを合算することができます。

 

自分のエアラインマイルを他の人にあげれるの?

→JALとBAの場合は家族以外に自分のマイルをあげる場合は手数料がかかります。そのほかのエアラインマイルも自分以外の人にあげることは可能ですが手数料がかかります。

 

アメリカンマイルを使ってJALの特典航空券を予約できるってどういうこと?

→世界のエアラインは3つのアライアンスに分かれています(スターアライアンス、ワンワールド、スカイチーム)。同じアライアンスであれば1つの特典航空券でどこのエアラインを使ってもいいんです。アメリカンとJALはワンワールドなのでアメリカンマイルを使ってJALに乗ることができます。逆にJALマイルを使ってアメリカンに乗ることもできます。

 

特典航空券の予約っていつからできるの?

→エアラインによってルールが違いますが基本的に11か月先から予約できます。例えば、今が2018年1月1日だと仮定すると2018年12月1日ぐらいまでの特典航空券の予約ができます。

 

特典航空券ってキャンセルできるの?

→アラスカ航空とサウスウエスト航空以外は手数料を支払えばキャンセルできます。キャンセル料の平均は1枚につき200ド程度。

 

特典航空券って自分以外の人のチケットも予約できるの?

→もちろん!

 

特典航空券でビジネスクラスやファーストクラスにも乗れる?

→もちろん!我が家は特典航空券でJALファーストクラスJALビジネスルフトハンザビジネスユナイテッドビジネスアメリカンビジネスにのりましたよ!

 

特典航空券ってオンラインで予約できるの?

→場合によっては電話をかけないといけない時もありますが、ほとんどの場合オンラインで特典航空券を予約できます。

 

マイルって有効期限ある?

→デルタ以外はほぼ全て有効期限があります。有効期限は18か月~36か月の間で設定されていることが多く、マイルを使ったり貯めたりしていれば失効しないマイル(米系マイル)もあれば、マイルを使っても貯めてもある一定期間内に失効するマイル(ANA、JAL、シンガポール)もあります。

 

マイルを使っての特典航空券の予約って限られた日にちしかできないんじゃないの?

→特典航空券が使えない日にちを指定しているエアラインもありますが、ほぼ90%のエアラインは特典航空券が使えない日にちは設定していません。

 

ホテルポイントって現金で購入できる?

→購入できますが1年間で購入できるホテルポイント数を制限しているホテルがほとんどです。

 

ホテルポイントって自分以外の人にあげれる?

→手数料支払わなくてもポイントを移行(トランスファー)できるホテルポイントはヒルトン、SPG、マリオット、ハイアット。1年間で他の人に上げれるポイント数を制限しているホテルもあります(マリオット)。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

 

特典宿泊ってオンラインで予約できるの?

→特典航空券とは違ってホテルの特典宿泊は99%オンラインで予約します。

 

 

クレジットスコア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカで暮らしていくにはクレジットスコアがとても大切です。クレジットスコアが悪いとどんな影響があるか?

例えば、車買えない、家買えない、アパートが借りにくくなる、クレジットカードが作れない、などなど日々の生活に影響が及びます。

 

クレジットスコアがどのように計算されているかを理解し、何故マイル&ポイントを貯める裏技が通用するのかを理解することでクレジットスコアに関しての不安がなくなります(詳しくはこちらの記事)。

きちんとルールに従わないとクレジットスコアが下がりますので注意が必要です。

 

 

クレジットスコアが下がらない証拠

 

 

私は過去5年間で30枚ほどのクレジットカードを作りましたが、去年問題なく住宅ローンを組むことかできました。もちろんいいレートで!(詳しくはこちらの記事

つまり、きちんとルールを守ってクレジットカードを作り、クレジットスコアへの影響を理解しながらであればクレジットカードをたくさん作っても全く問題ないという証拠であります。

これ↑私のクレジットスコアです。この趣味を始めた頃は735ぐらいでした。スコアは下がるどころか上がっています。

 

 

ミニマムスペンド

 

 

クレジットカードの入会ボーナスをもらうには銀行が条件を提示してきます、

例えば最初の3ヶ月で3000ドル使ったら入会ボーナスあげます!という感じで。

この金額をミニマムスペンド(Minimum spend)と言います。ミニマムスペンドをクリアしないと入会ボーナスはもらえません(詳しくはこちらの記事)。

 

裏技は一度に数枚のクレジットカードを作るのがコツです。つまりミニマムスペンドもその分増えてしまいます。

どのようにしてミニマムスペンドを簡単にクリアするか?

たくさん方法がありますが、私が実際に使っている方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

余計な費用をかけなくても普通の家庭が数枚のクレジットカードのミニマムスペンドをクリアすることは十分に可能です。

ミニマムスペンドをクリアする方法にManufactured spend(MS)と呼ばれるものがあります(詳しくはこちらの記事)。簡単に説明すると、少しの費用を支払いお金をクレジットカードと銀行の間でサイクルさせることでクレジットカードで使う金額を多くすることを可能にする方法です。

この方法を身につければ、さらにたくさんのクレジットカードを作ることができます。しかし、ビギナーの方は最初からMSをしないことをお勧めします。慣れてきて余裕が出てきたら挑戦してみてください!

 

 

ミニマムスぺンドの額によって決めるクレジットカード枚数

 

 

マイル&ポイントを効率よく貯めるには1日複数枚(2枚以上)のクレジットカードを作り、ミニマムスぺンドをクリアして入会ボーナスをもらうのがお勧め!と説明しました(もちろん最初は1枚から始めましょう)

では実際自分は何枚のクレジットカードを同時に作っても大丈夫なのか?どのようにすればそれがわかるのか?

 

全ては3か月以内にクレジットカードを使い支払う予定の金額によるのです。なので普段から自分はおよそどれぐらいの金額をクレジット決済しているのかを把握する必要があります。

例えば、

月々1000ドルしかクレジットカードを使わない人の場合、3か月で普段通りにしてて使える金額は3000ドルですよね?

ほとんどのクレジットカードのミニマムスぺンドは3か月で3000ドルなので、この場合は1枚しかクレジットカードを作れないということになります。

でも、ミニマムスぺンドがほぼないクレジットカードだったら何枚作っても大丈夫とも理解することもできます。BarclaysまたはBank of Americaのクレジットカードのミニマムスぺンドは他の銀行よりも少ない傾向があるので、これらの銀行が発行するクレジットカードであれば2枚以上作ることは可能です。

アラスカクレジットカード(パーソナル&ビジネス)のミニマムスぺンドは1000ドルです。Aviator Redのミニマムスぺンドは1セントでも使うことです。

つまりアラスカクレジットカードをパーソナルとビジネス両方作りAviator Redを作っても(合計3枚)ミニマムスぺンドは合計で2000ドル+1セントです。

使う金額は全く同じだけど、ミニマムスぺンドの金額によって作れるクレジットカードの枚数が変わってきます。

 

1つ注意:クレジットカードをたくさん作って入会ボーナスをもらいたいから普段よりも余計にクレジットカードを使い買い物する!というスタイルはやめましょう!

目標は普段と同じ買い物をしながら賢くクレジットカードを利用すること(入会ボーナス)で無料で旅行する!

余計な出費を増やしてはいけません!

 

 

お勧めクレジットカード

 

 

ではどのクレジットカードを作れば自分の目標を達成できるのか?

みんな気になりますよね!?

 

このクレジットカードはアメリカ国内旅行したい人向け

このクレジットカードはANAで日本行きチケットを購入したい人向け

このクレジットカードはJALで日本行きチケットを購入したい人向け

ハワイに行きたいならこのクレジットカード(記事1記事2

カリビアンに旅行したいならこのマイル

 

という感じでそれぞれの用途に応じたお勧めクレジットカードを紹介しました。これらの記事はアドバイスというよりもガイド的な感じです。

なのでこれからマイル&ポイントを貯めたいと思っている人にとって、これから自分がどんな種類のクレジットカードを作っていけばいいのかという道しるべとなると思います。

 

 

パーソナライズアドバイス

 

 

この記事の冒頭でも説明した通り、マイル&ポイントを使ってしたい目標を立てることが大切です。この目標は1人1人異なったものである場合がほとんどです。

今所持しているマイル残高、住んでいる地域、行きたい場所、旅行人数、み~んな違いますよね。つまり1人1人作るべきクレジットカードが違うという意味です。

ジムでトレーニングするのでもオンラインにある万人向けメニューをこなすよりも、パーソナルトレイナーをつけてトレーニングした方が短期間で目標に近づけますよね?

お勧めクレジットカードも全く同じです。パーソナライズされたお勧めクレジットカードを作っていくことが目標に到達する一番の近道です(詳しくはこちらの記事)。

 

上記で紹介した目的地別のお勧めクレジットカードガイドよりも確実に効率的にマイル&ポイントを貯めることができ目標の旅行を達成できます(実際クレジットカードアドバイスサービスを利用された方の声はこちらを参考

また、今マイル&ポイントの知識が一切なくてもマイル&ポイントを使って旅行したい!という気持ちがあればできる「陸に全てお任せクレジットカードサービス」も提供しています。

初めてマイル&ポイントを貯める段階から最初の特典航空券の予約まで全て私があなたのためだけにお勧めクレジットカードを考え、クレジットカードを作るタイミングも提案し、特典航空券の空席も検索します!

 

 

クレジットカードレビュー

 

 

クレジットカードを作りマイル&ポイントを実際に貯めて使っているという視点からみたクレジットカードレビューも書いています。

エアラインマイルやホテルポイントが貯まるクレジットカードだけではなく、キャッシュバッククレジットカードなどたくさんのクレジットカードをレビューしています。アメリカで発行されているクレジットカードの日本語レビューは確実に当ブログが一番多いです。

 

入会ボーナスだけではなく、ベネフィットも含め作る価値のあるクレジットカードを議論しています。

Chase

Amex

Citi

Bank of America

Barlcay

その他の銀行

 

クレジットカードを申請する際に参考にしてください。結構厳しくレビューしています。目標は使えないクレジットカードは作らないように!というメッセージを込めて書いています。

 

クレジットカードの入会ボーナスっていつも同じではないって知っていましたか?変動するんです。

例えば、アメックスデルタゴールドの入会ボーナスは普段40000マイルほどですが定期的に70000マイルになることもあります。できるだけ入会ボーナスが多い時にクレジットカードを申請することがとても大切です。

 

さらに、同じクレジットカードの入会ボーナスには色々なオファーがあるって知っていましたか?

例えば、マリオットクレジットカードの入会ボーナスは3パターンぐらいあります。

パターン1:初年度年会費無料+ボーナス60000ポイント

パターン2:初年度年会費無料+75000ポイント

パターン3:初年度年会費85ドル+120000ポイント

 

一番いい入会ボーナスの条件でクレジットカードを作ることがとても大切です。たくさん入会ボーナスがもらえる=早くマイル&ポイントが貯まる=たくさん旅行ができるからです。

どれが一番いい入会ボーナスなのか?さらにいつ申請するのが一番いいのか?を判断するにはある程度のクレジットカードの基礎知識が必要となってきます。

このようなことも考慮した上でパーソナライズクレジットカードアドバイスを提供していますので、是非ご利用ください。

 

また期間限定で入会ボーナスが多くなっているクレジットカードをチェックするにはブログの上の方にあるメニュー「期間限定オファー」をクリックしてください↓

 

 

気をつけるべきクレジットカードルール

 

 

Chaseの5/24ルールを初心者でも理解しておく必要があります(詳しくはこちらの記事)。最近Barclayも同じようなルールを使っています(詳しくはこちらの記事)。Bank of Americaも厳しくなってきています(詳しくはこちらの記事)。

次に各銀行の入会ボーナスに関してのルールも理解しておくとより効率的にマイル&ポイントを貯めることが可能です(詳しくはこちらの記事)。

例えば、アメックスは入会ボーナスは1つのクレジットカードにつき1回のみしかもらえなく、Chaseはボーナスをもらってから24ヶ月以降、Citiは申請日または解約日から24ヶ月、BarlcayやBank of Americaはキャンセルして何度でも入会ボーナスがもらえる。。などなど。

これらのことは目的地別のお勧めクレジットカードガイドには書いていないので、この点でもパーソナライズクレジットカードアドバイスを利用することでより早く簡単にマイル&ポイントを貯める(=よりたくさん旅行が可能)ことが可能になります。

 

 

ビジネスクレジットカード

 

 

クレジットカードには2種類あって、その2種類とはパーソナルとビジネス。

一般的にみんながクレジットカードと言っているのはパーソナルクレジットカードのことです。一方ビジネスクレジットカードは個人向けではなくビジネス向けのクレジットカードのことを意味します。

会社の部長とかって会社のクレジットカード持っているじゃないですか?あれがビジネスクレジットカードです。

 

ビジネスクレジットカードを作れるのは大きな企業や個人でビジネスがある人のみ!

と誰もが思いますが、実はこれは正解ではありません。一般人の私を含め皆さんもビジネスクレジットカードを作ることができるんです。

ビジネスクレジットカードを作るリスクは・・・なし!

ビジネスクレジットカードを作るメリットは・・・入会ボーナス!

つまり簡単に作り入会ボーナスをもらえるのに、クレジットカードに「ビジネス」という文字があるだけで躊躇して作らない人がものすごくたくさんいます!目の前にあるチャンス(マイル&ポイントの入会ボーナス)をあえて掴まない!という人ができるだけ減ればいいな~とビジネスクレジットカードについての記事を詳しく書きました。是非参考にしてください。

ビジネスクレジットカードを作ることでマイル&ポイントを貯めるスピードが約2倍になります!

 

 

クレジットカード&マイル&ポイントの管理はこの1つのエクセルシートで完璧!

 

 

マイル&ポイントを始めようとしている方の中には

「やり方はなんとなくわかったけど、実際どうやって始めていいかわからない」

「たくさんクレジットカードを作ってきちんと管理する自信がない」

 

などという理由からマイル&ポイントを貯めることに対して躊躇してしまう人が多いと知り合いから聞きました。

全て管理するのは実はとても簡単なのです!

マイル&ポイントを貯めるのに必要な全ての情報を1つのエクセルで管理する方法を詳しく説明した記事がありますのでそちらを参考にしてください。

私が5年間使っているエクセルシートを無料でダウンロードできるようになっています。シンプルかつ使いやすいを目標に作りました。必要最小限の情報を入力していくだけでクレジットカードの管理を簡単にできます。

 

 

クレジットカード関連の書類は全て保管すべき?

 

 

クレジットカード作るとたくさん書類が送られてきますよね?

クレジットカード申請時の詳細ルールとか、月々の明細とか、年度末のレポートとか・・・クレジットカード1枚につき郵送で送られてくる書類が多い!というか多すぎる!

クレジットカード1枚でもこんなにたくさんの書類が送られてくるのに、たくさんクレジットカード作ったら一体どうなるわけ?全部書類を保管しなきゃいけないの??

そんなに大量の書類を保管できないし、管理できなからやっぱりクレジットカード作るの止めようかな・・・

 

と思っている方!ちょっと待って!届いた書類全部保管しなくても大丈夫ですよ!

月々の明細を郵送してもらうオプションを選んでも、Paperlessのオプションを選んで郵送してもらわない場合でも保管しておく必要は全くありません!

理由は全てオンラインのアカウントに保管&管理されているから。

つまりわざわざ皆さんが1枚ずつ作ったクレジットカードのファイルを作り、送られてきた書類に穴をあけ管理する必要はないのです。

 

私が実際に保管するクレジットカード会社から送られてくる書類は・・・ありません!

月々の明細は間違いがないか確認しますが、それ以上はしません。郵送できた手紙は目を通しごみ箱行きです。

だって全ては自分のオンラインアカウントに行けばアクセスがあるのですから、わざわざファイルする必要はないのです。

 

ということでクレジットカード関連の書類は一切キープする必要ありません。キープするのは解約していないクレジットカードのみ!

ご安心ください!

 

 

効果絶大!解約時の会話例

 

 

クレジットカードを作ると年会費が2年目からかかるものだと解約する必要がでてきます。(解約メリット&デメリットを詳しく記事で書きました。年会費を支払ってもキープする価値のあるクレジットカードについてもシェアしました)

英語に多少慣れている人でも電話でのやり取りだと結構苦痛です。どのように会話をすれば解約しないで!という説得の負けずに簡単に解約できるのかをこちらの記事で詳しく説明しました。

自分でクレジットカードの年会費を支払う価値があるのかを判断して、価値がなければ上記↑の記事会話例を使って解約しましょう!

 

 

特典航空券

 

 

最初の頃は貯めることに集中しすぎて、貯めたら使うということを忘れがちです。しかしマイルというのは実は貯めるよりも効率よく使う方が難しいのです。

マイルを使うには今持っているマイレージプログラムの特典チャートや特典ルールを理解する必要があります。

それぞれのマイレージプログラムには長所と短所が存在します。これを見極め使いこなすことが同じマイルを使ってもたくさん旅行ができるようになる秘訣です。

 

それぞれのマイレージに特典チャートと特典ルールが存在するように、特典航空券の空席の調べ方もいくつかパターンがあります(詳しくはこちらの記事)。

同じアライアンスでも空席を調べられないエアラインもあり、特別に違うウェブサイトを使わないといけない場合もあります(JALの空席検索についてはこちらの記事)。

 

詳しい特典チャート&ルールのガイドも書きましたので参考にしてください。

JAL

ANA

ユナイテッド

アメリカン

 

貯めたマイルは使わないと価値がありません。上手に使えるように特典チャート&ルールを把握しておきましょう。

空席が見つからなくヘルプが必要な方はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

私がマイルを貯め始めた最初の頃

 

 

ここまでリンクも含め読んでくださった方、ありがとうございます。マイル&ポイントはまだまだ奥が深いですが、基礎的なことでも膨大な情報量です。

おそらくこの記事を読むだけで少しそれが体験できたのではないでしょうか?(笑)

もちろん私は最初からこの記事に書いてあること全て知っていたわけではありません。徐々に情報を吸収していっただけのことです。もちろん間違いだってしてしまいます。。。

マイル&ポイントを貯め始めたばかりの私はどんな感じだったかというのを覚えている限り書いてみました。この記事の目的は誰でもスタートする時は間違いをし、知識もない状態だ!ということを示すと同時に、誰でもできるようになるよ~というメッセージも込めて書きました(詳しくはこちらの記事)。

 

なかなか自分の予定通りにクレジットカードを作れない場合もあります。そこで大切なのは、諦めないこと!そして違う作戦を立てることです。

計画通りにクレジットカードが作れない時の解決法をこちらの記事で紹介しました。是非参考にしてください。

 

 

マイル&ポイントでした旅行

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にクレジットカードを作りマイル&ポイントを貯めていくと、今までとは比べ物にならない頻度で旅行することが可能です(国内&海外問わず)。そして今までとは星のレベルが1つも2つも、もしかしたら3つも違うホテルにほぼ無料で宿泊もできでしまったり、夢にも思っていなかった国際線ファーストクラスやビジネスクラスを体験することもできます。

こちら我が家が実際にマイル&ポイントを使ってした旅行とその時に使ったマイル&ポイント数をリストアップしてみました↓

ロンドン&アムステルダム&ニューヨーク138900マイル+270000ポイント

インディアナ21122マイル

カルガリー&エドモントン20000マイル

コロラド8930マイル

サンアントニオ37800マイル

シアトル&ハワイ&日本往復ビジネスクラス(180000マイル+44000ポイント

スペイン復路ビジネスクラス(300000マイル+107000ポイント

バージニア42302マイル+5000ポイント

シアトル&ハワイ108363マイル+84000ポイント

ハワイ&日本(ブログを始める前に行きました。180000マイル+50000ポイント

ポートランド&バンクーバー25000マイル+15000ポイント

オーランド1回目69195マイル+35000ポイント

オーランド2回目37500マイル+96000ポイント

ボストン50000マイル+30000ポイント

メンフィス54000マイル+5000ポイント

日本JALファースト&アメリカンビジネス(337500マイル+パークハイアット東京スイート宿泊

日本復路JALビジネス(277500マイル

カンクン1回目99090マイル+75000ポイント

カンクン2回目トラベルクレジット+225000ポイント

 

 

 

結論

 

 

マイル&ポイントを貯めて使うという大まかな流れがちょっとだけでもわかってもらえて、やってみよう!と思ってもらえたらこの記事大成功です。

マイル&ポイントのいいことだけを紹介するだけでなく、実際に貯めて使うということはどういうことなのかを紹介することでリスクも含め理解してから楽しんで欲しいというのも狙いです。

全てが楽しいわけでもありません。時間がかかることもあります。

それでもこれだけやっただけ見返りがもらえる事は、なかなか存在しないのではないか?と思えるぐらい楽しいものです。やればやるだけ成果がでます!

是非マイル&ポイントを貯め始めてください。貯め始め使えるようになると、今までの旅行に対する価値観が大きく変わると思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *