本当?何回もクレジットカード入会ボーナスもらえる?銀行別入会ボーナスルールガイド

 

 

 

 

 

バックグラウンド

 

クレジットカードの入会ボーナスって1度しかもらえない?

 

本当にそうでしょうか?

一般的には皆さんそのように理解しているようですが、実はそれは真実ではありません。入会ボーナスを1回ではなく、2回も3回ももらえたらマイル&ポイントが貯まるスピードが恐ろしく速くなります!

以前知り合いにたくさんクレジットカードを作ってマイル&ポイントを貯める方法を紹介したら、

「そんなにクレジットカード作ったら、次に作るクレジットカードなくなるんじゃない?」

と言われました。

もし過去に1度入会ボーナスをもらって、他に作りたいクレジットカードがないのであれば、もう一度入会ボーナスもらえばいいじゃないか!

この記事ではどのようにすれば2度目以降の入会ボーナスがもらえるのかを説明します。

Read More …

プレミアムクレジットカード比較!どのクレジットカードがお得?

 

 

 

 

 

 

バックグラウンド

 

 

先日「ちくわぶ」さんからコメントでAmex Platinum VS Citi Prestigeの比較をして欲しいという要望を頂きました。

このブログでは1つ1つのクレジットカードのレビューはしていますが、同じレベル(同じ年会費)のクレジットカードを横並びにして比較したことはありません。

 

クレジットカードを作りたての頃は年会費無料のクレジットカードを作る人が多いと思います、それが時間が経つとともに、年会費があるクレジットカードにも興味を持ってくる。

その時どのプレミアムクレジットカードにするべきか悩む。という悩みを持っている人またはなかなか決めれない人がいるのだと思います。

年会費を$400以上も支払うなら間違いたくない!そうみなさん思うはずです。

この記事ではプレミアムクレジットカードの花形3つのクレジットカード、Amex Platinum,  Citi Prestige,  Chase Sapphire reserveを比較してみたいと思います。

 

プレミアムクレジットカード:一般的に年会費が$400以上のクレジットカードを意味します。

1つ1つのクレジットカードレビューはこちらを参考にしてください

Amex Platinum

Citi Prestige

Chase Sapphire reserve

Read More …

Chaseの5/24ルール対象外クレジットカードリスト

 

 

 

 

バックグラウンド

 

Chaseの5/24ルールとてもやっかいです。過去24ヶ月に5枚以上のクレジットカードを作ったらChaseのクレジットカードは作れないというルールです。

最初はこのルールChaseのURポイントが貯まるクレジットカードのみが対象でした。それがだんだん広がり、エアラインクレジットカード、ホテルクレジットカードも対象になりました。

このようなリストはChaseが発行しないので、正式にはわかりませんが、多くの人が新たにクレジットカードを申請して得られたデータを基に判断していくしかありません。

 

一見、Chaseが発行している全てのクレジットカードが対象と思ってしまいがちですが、実はこのルールが適応されていないクレジットカードがいくつかあります。

つまり、5/24をオーバーしていてもそれらのクレジットカードであれば作ることが可能という意味ですね!

 

この記事では5/24ルール対象外のクレジットカードを紹介します。

Read More …

Chase ink business preferred cardレビュー

inkpref.png

(2017年2月12日にアップデートしました)
サインアップボーナス:80000ポイント(最初の三ヶ月以内に$5000使うことが条件)
年会費:$95
ポイント:トラベル、インターネット、ケーブル、電話、Shipping&Advertisingが3倍
その他1倍。
為替手数料:なし
その他のベネフィット
Ultimate rewardトラベル経由の購入だと1ポイント=$1.25として使える
過去の最高ボーナス:80000ポイント(年会費無料)
ポイントの使い方:他のUltimate rewardポイントが貯まるクレジットカードと同じです

陸の感想
続々でてきます新しいChaseのクレジットカード!
とてもいいことですね。
だって新しいクレジットカード=ボーナスをもらう機会が増える
ですから!
ボーナスが80000ポイントというのはとても魅力的です。
今までは50000ポイントがほとんどでしたので、この80000ポイントがどれだけすごいかは比べると一目瞭然。
問題はChase5/24ルールがあることですが・・・
それに加えここ最近Chaseはビジネスクレジットカードに対して他よりも厳しく審査しているので困ります。
でも反対に今すでにChaseのビジネスクレジットカードを持っている人は比較的簡単に作れるのではないかな?
というのが私の予想です。

どのようなクレジットカードを作ればより早くマイル&ポイントが貯まるか知りたい方!
ぜひクレジットカードアドバイスサービスをご利用ください!

Disney Reward Visaレビュー

disv2.png

(2017年2月12日にアップデートしました)
サインアップボーナス:$50ディズニーギフトカード(1回使うことが条件)
年会費:無料
ポイント:全て1%
為替手数料:3%
その他のベネフィット
ディズニーストアで$50以上の買い物が10%オフ
ディズニーパーク内での買い物は10%オフ。
ディズニーのツアーパッケージが15%オフ。
キャラクターにカードメンバー専用の場所で会える。
過去の最高ボーナス:$50ディズニーギフトカード
ポイントの使い方:ポイントはディズニーギフトカードなので、ディズニーで使うしかないですね。
陸の感想:
年会費無料でボーナスは$50.
なんとも言えないクレジットカードです・・・

どのようなクレジットカードを作ればより早くマイル&ポイントが貯まるか知りたい方!
ぜひクレジットカードアドバイスサービスをご利用ください!

Disney Premier Visaレビュー

disv1.png

(2017年2月12日にアップデートしました)
サインアップボーナス:$200ディズニーギフトカード(最初の三ヶ月以内に$500使うことが条件)
年会費:$49
ポイント:ガソリン、グローサリー、レストラン、ディズニーパーク内での買い物は2%。
それ以外は1%
為替手数料:3%
その他のベネフィット
ディズニーストアで$50以上の買い物が10%オフ
ディズニーパーク内での買い物は10%オフ。
ディズニーのツアーパッケージが15%オフ。
キャラクターにカードメンバー専用の場所で会える。
過去の最高ボーナス::$200ディズニーギフトカード
ポイントの使い方:ポイントはディズニーギフトカードなので、ディズニーで使うしかないですね。

陸の感想:
カードもディズニー柄でとてもかわいらしいクレジットカード。
しかも作れば$200分のギフトカードがボーナスでもらえる!
結構ディズニーで作ってしまったり、ディズニーに行く前に作ってしまう家族多いのではないでしょうか?
ディズニーでは10%オフだから、どうせ行くなら、必ずパーク内で買い物するし、レストランでも食べる。
10%オフは大きい!と思って作らせようというのが目的のクレジットカードでしょう。
しかし考えてみてください。
ディズニー内のものは全てが高いです。
そこで10%オフで購入するよりも、パークを出て同じものを他で買うほうが安いと思います。
さらに年会費を支払わないといけないので、実質150ドルのボーナスですよね?
それなら他のキャッシュバッククレジットカードのほうがお勧めです。

どのようなクレジットカードを作ればより早くマイル&ポイントが貯まるか知りたい方!
ぜひクレジットカードアドバイスサービスをご利用ください!

Chase Freedom Unlimitedレビュー

unlimited.png

(2017年2月12日にアップデートしました)
(画像はChaseのウェブサイトより)
サインアップボーナス:15000ポイント(最初の三ヶ月以内に$500使うことが条件)
年会費:無料
ポイント:全て1.5%
為替手数料:3%
その他のベネフィット:特になし
過去の最高ボーナス:15000ポイント
ポイントの使い方:このクレジットカードと一緒にInk plusやSapphire preferred or reserveを作り、トランスファーパートナーにトランスファーしてつかうこが一番!

陸の感想:
今までのFreedomの最新バージョンです。
どこで使っても1.5%!
カテゴリーもないので、とりあえず1つ年会費無料のクレジットカードが欲しい!という人にはいいかもしれません(Ink plusやSapphire preferred or reserveを持っている、または作る予定という前提で)
もしただのキャッシュバッククレジットカードとして使いたいのであれば、これではなく、Citi double cashの方(2%)がお勧めです。
今昔のFreedomがある人は昔のFreedomをキープしたほうがいいと思います。
理由はカテゴリーボーナス(5%)があるから。
1.5%と5%だとかなりポイントの貯まり方がちがいますよ。
なので我が家は昔のFreedomのままキープしています。

どのようなクレジットカードを作ればより早くマイル&ポイントが貯まるか知りたい方!
ぜひクレジットカードアドバイスサービスをご利用ください!

Chase sapphire reserveレビュー

sree.png

(2017年5月17日にアップデートしました)
サインアップボーナス:50000ポイント(最初の三ヶ月以内に$4000使うことが条件)
年会費:$450。初年度も免除されない。
ポイント:トラベル、外食のカテゴリーは3倍。そのほか1倍。
為替手数料:なし
その他のベネフィット:年間$300トラベルクレジット。Chaseのサイト経由で旅行関係が1ポイント1.5セントとして使える。レンタカー保険。Priority pass select(ラウンジパス)。グローバルエントリーまたはTSA pre checkのクレジット($100まで)。
過去の最高ボーナス:100000ポイント(2016年8月)
ポイントの使い方:これはChase sapphire preferredと同じです。
陸の感想:カードのベネフィットを説明する前にChaseのクレジットカードについて知っておかなければいけないことについて書きます。

過去24ヶ月以内に5枚以上クレジットカードを作った人はこのクレジットカードは作れない!
5枚の中にはAuthorized userクレジットカードも含まれます。
5枚の中にはChase以外のクレジットカードも含まれます。
つまり手元に過去24ヶ月以内に作ったクレジットカードが5枚あるなら、残念ながらこのクレジットカードは作れません。
もし作れるなら、このクレジットカードは

作るべきカードの1つです

年会費が$450でも価値があります。
ボーナスが100000ポイントとすばらしい。
このポイントはChaseのポイントなのでエアライン(ユナイテッドなど)やホテル(ハイアット)に移行可能です。
ということは使い勝手がよく、使い方によってはかなり得できます。
ポイントの貯まり方もトラベル&外食は3倍と結構いいです。
トラベル&外食は頻度が多ければすぐにポイント貯まります。特に3倍で貯まるのでこれは素晴らしいですね。
ではトラベル&外食では使わない人はどうか?
無理やりこのクレジットカードを使わなくても、Freedomのカテゴリー5%を使えばポイントが合算されるのでそっちのほうがいいですね。
毎年$300のトラベルクレジット!これでチケットを購入しても大丈夫なようです。今までのカレンダーイヤーからメンバーシップイヤーになったため、このクレジットカードを作って1年目にもらえるトラベルクレジットは1回のみになりました(以前は1年目に2回分もらえた)。つまりたいぶ魅力が減ったということになります。
今作れば(2016年)今年と来年分で合計$600分のクレジットがもらえます。
年会費$450を支払ってもお釣がきますね。
このトラベルクレジットはエアラインを選択する必要がないので、アメックスのトラベルクレジットよりも使い勝手がいいです。
さらにユナイテッドのアプリ経由でアマゾンギフトカードを購入するとトラベル扱いになる(アメックスとラベルクレジットではこの方法使えます)のでこの方法でクレジットを使うのもいいと思います。
Chaseのサイト経由で旅行関係が1ポイント1.5セントとして使えるのは、特典航空券の空席がない場合は重宝する場合もあるでしょう。
1ポイントが1.5セントとして使えるのは普段の1.0セントと比べて50%いいのでいいですね。
ただ、我々マイル&ポイントを集める人にとってはあまり使わないベネフィットの一つかもしれません。
この他のベネフィットは他のプレミアムと呼ばれるクレジットカードのほとんどについてくるものなので、特に説明する必要はないかと思います。
アプルーブされる条件が厳しいけど、ボーナスなどベネフィットの魅力がたくさん。
このままのオファーが長続きするとは思いません(2017年3月以降はボーナス50000ポイントです)
きっと将来サインアップボーナスが減ったり、ベネフィットが削られたりすることが予想できます。
そうなる前に作れる人は作っておいたほうがいいクレジットカードです。
マイル&ポイントを始めたばかりの人には普段は年会費が高いクレジットカードはお勧めしませんが、このクレジットカードだけは例外です!
ゲットするべき!!

ボーナスが50000ポイントになってしまいましたが、トラベルクレジットを1年目の年会費$450を支払い2回もらえる($600)てボーナスも50000ポイントだと考えると悪くはないです。もちろん過去の100000ポイントオファーがよかったのですけどね。ボーナスが50000だと「今すぐ作るべき」ではなく、「作ってもいいと思いますよ~」と意見が変わってしまいます。

どのようなクレジットカードを作ればより早くマイル&ポイントが貯まるか知りたい方!
ぜひクレジットカードアドバイスサービスをご利用ください!

Chase Ritz-Carlton rewards credit card

ritz.png

(2017年2月12日にアップデートしました)
サインアップボーナス:Tier1-4ホテルで2泊無料宿泊(最初の3ヶ月以内に$5000使うことが条件)
年会費:$450
ポイント:リッツカールトン+マリオットで5倍。レンタカー、航空チケット、レストランは2倍。その他1倍
為替手数料:なし
その他のベネフィット:年間$300のトラベルクレジット、$100ホテルクレジット(2泊以上のpaid宿泊)。アップグレード3回(paid宿泊)。プライオリティラウンジ。ゴールドステータス。年間稼いだポイント10%が年末に戻ってくる
過去の最高ボーナス
①140000ポイント(3か月で$2000使うと)年会費初年度から$395

②70000ポイント(3か月以内に$2000使うと)年会費初年度無料

➂Tier1-4ホテルで3泊無料宿泊(最初の3ヶ月以内に$5000使うことが条件)
ポイントの使い方:マリオットホテルの特典宿泊+(ホテル+エア)パッケージ
陸の感想このクレジットカードのオファーは主に2つ

① 初年度年会費無料、70000ボーナスポイント
② 年会費$395、140000ボーナスポイント
どちらがいいかと聞かれると悩みます。
ですが、$395の年会費が気になりますね。
そこで$395以上の価値があるのか判断しましょう。
ここえキーポイントになるのが、年間(カレンダーイヤーなので1月から12月)$300までのトラベルクレジット。
主に、空港のラウンジ利用した際のチャージ、預け荷物料金、アップグレード料金などなど。
これらは陸マイラーであれば特別に現金を支払わなくてもゲットできる物ですね。(主にクレジットカードを使って)
しかし、このトラベルクレジットを使って航空会社のギフトカードを購入することも可能です。
今購入可能と報告されているのが、アメリカン、サウスウエストです。
他の航空ギフトカードは場合によっては可能らしいです。(ユナイテッドは例外)
なので、このトラベルクレジットを使って$300のギフトカードを買うことができれば、ほぼ年会費の$450の価値はあります。
注目してほしいのはカレンダーイヤーであること。
ということは1年クレジットカードを持っていればトラベルクレジットを2回使うことだって可能!
例。2014年3月―2015年3月の間で2014年に一度、2015年に入ってもう一度みたいな感じで。
するとどうでしょう?合計$600分のギフトカードが購入可能な計算になるわけです。
年会費は$450ですので、十分得できます。
ですので、オファー①でも②でもどちらでも得ができるということになりますね!
他のベネフィットのアップグレードや$100ホテルクレジットは特典宿泊には適用しないので、ちょっと使えないです。
リッツカールトンの1泊は高いので。。。。
このクレジットカードを使って貯めたポイントの10%が年度末に還元されます。
なので、普段からマリオットやリッツカールトンに泊まる人にとってはかなりいいベネフィット。
リッツカールトンはマリオットも運営しているので、ホテル+エアパッケージもリッツカールトンで使えます。
リッツカールトンはとてもいいホテルです。
一度泊まったことがあると、ついつい他のホテルに泊まった時に「リッツカールトンはやっぱりすごいなー」と思ってしまうぐらいです。
しかし、特典宿泊するには1泊のポイント数がたくさん必要(ゴージャスなホテルなので仕方ありませんが。。)
故に陸マイラーにはそこまで人気ではないリッツカールトン。
ですがSPGとマリオットの合併のお蔭で陸マイラーでもリッツカールトンに簡単に泊まれるようになりました!!

どのようなクレジットカードを作ればより早くマイル&ポイントが貯まるか知りたい方!
ぜひクレジットカードアドバイスサービスをご利用ください!

Chase Marriott rewards credit cardレビュー

marricr.png

(2017年2月12日にアップデートしました)
サインアップボーナス:80000ポイント(3か月以内に$3000使うと)
年会費:初年度無料、2年目からは$85
ポイント:マリオットホテルで5倍。レンタカー、航空チケット、レストランは2倍。その他1倍
為替手数料:なし
その他のベネフィット:毎年カテゴリー1から5のホテルで使える1泊無料券がもらえる。
過去の最高ボーナス:80000
ポイントの使い方:マリオットホテルの特典宿泊+(ホテル+エア)パッケージ
陸の感想
マリオットのカテゴリーは1(1泊6000ポイント)から9(一泊45000ポイント)まであります。
基本的にいいマリオットのホテルは1泊35000以上してしまうので、ポイントを使って宿泊する陸マイラーにとっては少し高く感じてしまいます(Hyattと比べると)
毎年クレジットカードをキープするともらえる無料宿泊券1泊分はカテゴリー5までのホテル(1泊25000ポイント)なので、そこまでいいホテルには泊まれません。
なので、この点でホテルクレジットカードとしてはHyattIHGのクレジットカードの方が断然上です。
年会費も$85と他の2つに比べると少し高め。
マリオットも結構世界中どこでもあるので便利です。さらにSPGと合併されるのでよりホテル数も増えます。
しかもロケーションのいいところにある場合が多いので助かります。
SPGと同様にマリオットにもフライト+ホテルパッケージのオファーがあります。
ホテルに7泊するとエアラインマイル(結構どのエアラインでも可能)もついてくるものです。

カテゴリー6のホテルに7泊(1泊30000なので合計210000ポイント)+エアラインマイルを132000マイルのパッケージが300000ポイントで購入可能です。
合計332000ポイント分を300000ポイントで購入できる感じですね。

正直言うと2年以降はあまりキープする価値がないのかなー?と思います。
このクレジットカードをキープするぐらいなら、hyattやIHGのクレジットカードの年会費を支払った方が得です。
マリオットが好きでもマリオットポイントを貯めたくてもこのクレジットカードを2年目キープする理由はありません。SPGクレジットカードをキープする方がいいでしょう。

SPGポイントをマリオットポイントに1:3の比率で移行することができます。つまり1SPG=3マリオットポイント。今まで特典宿泊に必要なポイントが多すぎた印象があったマリオットが今ではお得に感じます。

どのようなクレジットカードを作ればより早くマイル&ポイントが貯まるか知りたい方!
ぜひクレジットカードアドバイスサービスをご利用ください!