特典航空券空席チェックサービス(50ドルの価値)を抽選で1名の方にプレゼント

 

 

 

 

 

 

 

自分のブログでGiveaway(抽選会)第2弾!

今回のGiveawayは特典航空券空席チェックサービスを1名様にプレゼント普段なら50ドルする空席チェックサービスですが無料でプレゼントします。

今所持しているマイルの、どのエアラインマイルを使い、どのエアラインで、どのようなルートに空席があるかチェックします。

 

対象の方:アメリカ在住に限らず、世界中のどこの国に住んでいる人でもOK!実際に特典航空券を予約したいけど、自分で検索してみて空席が見つからなかった!という方に限ります。とりあえず、マイルを使って特典航空券を予約する予定ないけど、試しにやってみよう!という方はご遠慮願います(真面目に空席チェックしますので)

Read More …

クレジットカードアドバイス(15ドルの価値)を抽選で1名の方にプレゼント

 

 

 

 

 

 

 

さてさてついにこの機会がやってきました!自分のブログでGiveaway(抽選会)。

以前からやってみたいことの1つだったのですが、イマイチやり方もわからなかったので今までできませんでした。しかし独自ドメインを取得してワードプレスのGiveaway用プラグインもインストールできたので第一回Giveawayをやってみたいと思います。

今回のGiveawayはクレジットカードアドバイス優先権を1名様にプレゼント普段なら15ドルするクレジットカードアドバイス優先権ですが無料でプレゼントします。

どのマイル&ポイントを貯め、そのためには、どのクレジットカードを使い特定のマイル&ポイントを貯めるのが効率がいいかのアドバイスをパーソナライズして提供します。

過去にこのクレジットカードアドバイスを利用してくれた、たくさんの方がマイルを使って特典航空券を予約し、ほぼ無料で旅行を楽しんだという報告をもらっています。

 

対象の方:アメリカ在住で、どのクレジットカードを作れば一番効率良くマイル&ポイントを貯めれるか悩んでいる人。

抽選応募期間:2017年3月29(西海岸時間19時開始)~4月2日(西海岸時間23時59分締め切り)

抽選結果発表日:2017年4月3日

 

この抽選に応募したい方はこちらのリンク↓をクリックしてルールに従い応募してください。1つタスクをクリアすることで1エントリーもらえます。

Trophyクレジットカードアドバイス(15ドルの価値)を抽選で1名の方にプレゼント
Your Entries
0
Total Entries
12
Days Left
Ended
さてさてついにこの機会がやってきました!自分のブログでGiveaway(抽選会)。 以前からやってみたいことの1つだったのですが、イマイチやり方もわからなかったので今までできませんでした。しかし独自ドメインを取得してワードプレスのGiveaway用プラグインもインストールできたので第一回Giveawayをやってみたいと思います。 今回のGiveawayはクレジットカードアドバイス優先権を1名の様にプレゼント!普段なら15ドルするクレジットカードアドバイス優先権ですが無料でプレゼントします。 どのマイル&ポイントを貯め、そのためには、どのクレジットカードを使い特定のマイル&ポイントを貯めるのが効率がいいかのアドバイスをパーソナライズして提供します。 過去にこのクレジットカードアドバイスを利用してくれた、たくさんの方がマイルを使って特典航空券を予約し、ほぼ無料で旅行を楽しんだという報告をもらっています。 対象の方:アメリカ在住で、どのクレジットカードを作れば一番効率良くマイル&ポイントを貯めれるか悩んでいる人。 抽選応募期間:2017年3月30~4月2日(西海岸時間23時59分締め切り) 抽選結果発表日:2017年4月3日 この抽選に応募したい方はこちらのリンク↓をクリックしてルールに従い応募してください。1つタスクをクリアすることで1エントリーもらえます。最大3エントリーまで可能です。 それではGood luck!
This contest expired.

それではGood luck!

Global entryがゲットできるクレジットカードリスト!イミグレでほぼ待たなくていい方法

一般的に飛行機での旅行って大変です。
空港まで行き、チェックインして、セキュリティーゲート抜けて、飛行機にのり、着陸したら、荷物を持ち、海外旅行ならイミグレを通らないといけない。
この大変な飛行機の旅行を楽にするのが、ステータスであり、ビジネスクラスやファーストの特権です。
しかし、いくらお金があっても、ファーストクラスでもイミグレではみんな平等です。
911直後はかなり厳しくなり、アメリカに入国するのが大変だった時期もありました。
そんなときは2時間は普通に並ばなくてはいけなかったり、時には別室に連れていかれたり。。。。
ファーストクラスに乗った後でこんな対応されたらたまったもんではありません。
ですが我々の友達クレジットカードについてくるベネフィットを使えば、イミグレでほとんど待つことなく通過することが可能です。
それは

Global entry

Read More …

Chaseクレジットカードが今後非常に作りにくくなる?

最近ネットで噂があちらこちらで聞こえてきます。
Doctor of credit
Million mile secret
ほかのブログもたくさんこのChaseの新たなルールについて書いてあります。
簡単にまとめると、
2016年4月以降は、過去24か月(2年間)に5枚以上のクレジットカード(他の銀行発行も含む)を作った履歴がある人にはchaseのクレジットカードは作らせない!!
という方針です。
どれぐらい厳しく取り締まるのかはまだわかりません。
でも言えることは1つ!
作れるうちに作っておきましょう!
1日に2枚同時に作ることも可能ですよ!

トラベルクレジットがもらえるクレジットカードリストとその裏技

クレジットカードはマイルやポイントを集めれるだけではありません
ホテルステータスもゲットできるし、空港ラウンジだって使えてしまう。
さらに上記のベネフィットにトラベルクレジットなるものがもらえるクレジットカードもあります。

トラベルクレジット

とは、「エアライン」のカテゴリーでの買い物に対し年間200ドルなどクレジット会社が負担してくれるベネフィットのことです。
例えば、ユナイテッドマイルで特典航空券を購入したとしましょう。
日本行のエコノミーチケットをエコノミープラスにアップグレードしたい場合は1人約150-200ドルかかります。
このアップグレード料金をトラベルクレジットがもらえるクレジットカードで支払うと150-200ドルアカウントに入ります。
つまりはこのエコノミーからエコノミープラスにアップグレードした料金が無料になる!ということです!
このようなことをしてくれるクレジットカードは多くありません。
そして年会費が高いクレジットカードのみトラベルクレジットのベネフィットを提供しています。
こちらがクレジットカード
1.Citi prestige (年会費450ドル)
2.Amex platinum (年会費450ドル)
3.Amex gold (年会費195ドル)
4. Chase ritz carlton (年会費395ドル)

トラベルクレジットの金額
Citi prestige 年間250ドル
Amex platinum 年間200ドル
Amex gold 年間100ドル
Chase ritz 年間300ドル

では1つずつ見ていきましょう!

Read More …

クレジットカード作るだけで空港ラウンジが使える!

luf.jpg
(ルフトハンザウェブサイトより)
parisair.jpg
(パリ空港ウェブサイトより)
先日クレジットカードを作るだけでホテルのステータスをゲットできるという内容の記事を紹介しました。
今日は空港ラウンジアクセスがゲットできるクレジットカードを紹介します。
Centurion lounge:
Amex Platinum

まだ使ったことがないCenturion loungeですが、アメリカにあるほとんどのラウンジよりも質がいいようです。
食べ物も、飲み物も、スパもあり(場所により)、シャワーもありという感じです。
アメックスのラウンジということでamex platinum(年会費450ドル)クレジットカードがないと無料では入れません。
しかし50ドル支払えばラウンジを使うことができます。

Admiral club lounge (American):
Citi executive
Citi Prestige

どちらもcitiからのクレジットカードでアクセスできます。
しかし違いが1つ! Read More …

クレジットカードで取得できるホテルステータス(Hotel status via credit cards)

ステータスって結構みんな気にしますよね。
多分無意識のうちにステータス気にしていると思います。
みんな他の人と比べたがりますから・・・
隣の庭の芝は青く見えるということわざもありますけどね。
今日はそんなステータスではなく、クレジットカードを作るだけで手に入るホテルのステータスの紹介します。
クレジットカードを作るのがある意味趣味な我々にとっては、ホテルのステータスをゲットするのは比較的簡単です!
では始めましょう!
まずは一番簡単かつ使えるヒルトンのステータス
Hilton silver status:
宿泊15%ボーナスポイント
特典宿泊4泊すると5泊目無料
毎日水ぼドル2本無料

Read More …

ビジネスクレジットカードを作るのは難しくなってきている!?

chaseポイントを貯めるのにお勧めなのがsapphire preferredとink plus
ink plusはビジネスクレジットカードです。
ビジネスクレジットカードと言っても大きなビジネスを持っている必要はないので、ほぼみんなが作れる!と以前説明しました。
しかし、最近(ここ2年ほど)はchaseはかなり厳しくしているみたいです。
私の友人が2人、2回ずつink plusを申請したところ2回ともだめでした。
何度電話かけても無理。
このブログを見てくれている数人の方も挑戦したけどダメだったという報告をもらっています。
そして先月クレジットカードを作ろうとunited business credit cardに申し込んだら。。。
だめでした。しかも何回か電話したのに。。
一応今現在chaseからのビジネスクレジットカードink bold & ink plusを持っているのにも関わらずですよ!
ビジネスクレジットカード持っている人に対しても新たなビジネスクレジットカードのアプルーバルには厳しいみたいです。
個人的な経験ですが、今現在ビジネスクレジットカードのアプルーバルが難しいのは特にchaseとamex
逆に簡単なのはcitiです。
きっとこれからちょっとずつ厳しくなっていくのではないかなーと思われます。
なので作れるうちにcitiのビジネスクレジットカードを作っておいた方が得かもしれません。
Chaseのビジネスクレジットカードは3年半前は収入$500でも作らせてくれていました。
しかし最近は最低$5000のクレジットラインを提供するためにはビジネスの収入は$15000ぐらいは必要だと言われました(これって結構ちゃんとしたサイドビジネスじゃないとだめだってことですかね?)
4年前に戻りたい。。。
と後悔しないためにもじゃんじゃん作らないと!

アメリカンとUS airways合併完了が3月28日!

merger.png
今朝発表されたニュースです。
発表される前は4月半ばぐらいに合併が完了するのではないか?と予想されていました。
しかし、今朝発表されたニュースには今週末にマイレージの合併が完了するとのこと。
このニュースに伴ってアメリカのブロガーたちはいろいろ書いています。
one mile at a time
the points guy
書かれてある内容は、
1.us airways クレジットカードを今週までに申請すること
2.us airwaysマイルを使っての特典航空券も週末までに購入すること

US airwaysクレジットカードを今すぐ作ることはとても重要です。
ボーナスの50000マイルがもらえますからね~!
50000マイルの使い道はこちらの記事を参考に。
でus airwaysのaward chartもアメリカンと合併後はなくなります。
従ってus airwaysマイルを使って特典航空券を買っておくのはお勧めです。
特にアメリカ⇔北アジア(日本も含む)のエコノミー往復は60000マイルとお得です。
さらにストップオーバーも使えるので、日本帰るついでにハワイ数日バケーションしてから!なんてことも可能!(私たちも同じことをしました
例、ロスーホノルル(数日滞在)-日本(目的地)ーロス
などなど。
ブロガーが指摘していない点で少し私が気になることをご紹介します。
あくまでも私の「予想」なので、必ずしもこうなるとは限りませんのでご理解して読んでください。
今us airwaysクレジットカードを発行しているのはbarclay
アメリカンのクレジットカードを発行しているのはciti
今週末の合併後アメリカンのクレジットカードを発行するのはcitiだけ。
ということはcitiは他の銀行と競争しなくてもいいわけです。
となると、今あるクレジットカードのボーナス(50000マイル)より普通に考えて増えることは少ないでしょう。
むしろ、ボーナスを減らしてもアメリカンマイルを手に入れるためにはcitiのクレジットカードが必要になるのでみんなが作るでしょう(他の手段はSPGもありますが)
以上のことを考えると来週からアメリカンクレジットカードのボーナスが下がる可能性が出てきます(そうでなければいいのですが)
なので今週中にus airwaysクレジットカードを作るなら同時にcitiのアメリカンクレジットカードも作ってしまった方が賢明かもしれません。
そうすれば貯まったマイルを色々使いハワイ旅行が簡単にできます!
:

minimum spending requirementの期間はいつから始まるのか?

昨日に引き続きminimum spending requirementのお話です。
よくクレジットカードのボーナスをもらう条件であるのがこちら
After you spend $4,000 on purchases in the first 3 months from account opening
“account opening”というのはいつの話でしょう?
クレジットカードをapplyした日?
それともアプルーブされた日?
それともクレジットカード受け取った日?
それともactivateした日?
答えはクレジットカードをapplyした日です!
applyしてからapproveされるまで人によって、銀行によっては時間がかかり、さらにクレジットカードを受け取るには時間がかかります。
ですので、この”account opening”の日の定義を知っておくことが大切。
理由はあと2週間あると思っていたのに、実は今日が”account opening”から3か月の日でminimum spending requirementがクリアできなかった!!=ボーナス受け取れない!
といった状況を防ぐためです。
せっかく頑張ってクレジットカード使いminimum spending requirementの額に近づいてきたのに、勘違い(誤解)していたがためにボーナスを逃すのは悔しすぎます。
みなさんご注意くださいね!
これを防ぐ簡単な方法があります!
そう!target redbirdです!
瞬時にminimum spending requirementがクリアできるので、あと○○日以内に○○ドル使わなきゃとか考えなくても大丈夫なのです。