2018年ハワイ旅行―新たな戦略

 

 

 

 

 

バックグラウンド

 

 

これからマイルを貯め始めたい方!どのようにすればマイルが貯まるか全てわかりやすく説明しているこちらの記事を参考にしてください。

 

我が家は2018年に知り合い家族と一緒にハワイでバケーションを過ごそうと計画しています。このシリーズは知り合い家族がどんなタイミングでどんなクレジットカードを作り予約していくかをシェアしているものです。

前回までの記事↓

2018年にハワイに行く計画―作る予定のクレジットカードリスト

2018年ハワイ旅行ークレジットカード申請結果

2018年ハワイ旅行―1つ問題が・・・そしてその解決法

2018年ハワイ旅行クレジットカード申請パート2

 

全然計画通りに進んでいません(泣)ですがクレジットカード申請に関しては、全て計画通りいかないのが逆に普通なのでそこまで焦っていません。この記事ではこの状態からどうやってハワイ旅行を実現させるかの戦略をシェアしたいと思います。

 

計画通りにいかなかったこと・・・

 

 

新たな戦略の説明を始める前にここまで至るのにどれだけ当初の計画通りにいかなかったかをザっとおさらいしたいと思います。

 

予定1:メリル+クレジットカードが合計2枚欲しかった

結果1:1枚のみアプルーブされた

詳しくはこちらの記事

 

予定2:Arrival+クレジットカードを2枚欲しかった

結果2:Barclaysのルール変更で申請してもアプルーブもらえないことに気が付く

 

予定3:Bank of America Premium Rewardsが2枚欲しかった

結果3:最高でも1枚しか作れない

詳しくはこちらの記事

 

このようにリストアップしてみると上手くいっていないのが明らかですね(笑)

クレジットカード申請って時には自分が驚くほど簡単に次から次へとアプルーブされたり、今回のように申請しても全くうまくいかなかったりする場合があります。

ここで大切なのは予定通りいかなかったときにどのように行動するかです。極端に言えば「諦める」か「他の方法を探す」かです。

 

 

作戦変更

 

 

2018年のハワイ旅行のために1からマイル&ポイントを貯める過程をブログでシェアするという企画でした。なのでこの企画が始まる前までに貯めたマイル&ポイントは使う予定ではありませんでしたが、予定変更です!

理由は上記で説明した通り当初の計画通りにクレジットカードが作れなかったためです。

 

この時点で最初に決めたハワイ旅行用のマイル&ポイントを1から貯めるという考えをずっと貫くことは可能ですが、その場合おそらく2018年にハワイ旅行はできなくなると思います。ハワイ旅行に必要なマイル&ポイントを貯めるのに時間がかかってしまい、マイル&ポイントが貯まった時点で2018年の予約をする場合空席などがなくなっている可能性が高いです。

すると2019年(まとまって休みは年末が多いので2019年の年末になってしまう可能性が高い)の旅行になってしまう可能性があります。でも2019年の年末に2家族が旅行に行けるかなんてわからないじゃないですか?

子供も大きくなってスポーツ始めたり、仕事が忙しくなって休みが取れなくなったり、仕事が変わったり、2019年は日本で過ごしたかったり、予定が合わないことだって考えられます。

「できるうちにできることをする!」

それが私のモットーです。マイル&ポイントは使ってナンボ!使わないとただの数字!

 

 

現在所持しているマイル&ポイント

 

 

知り合い家族が持っているマイル&ポイントで今回のハワイ旅行で使おうと考えているのはこちら↓

 

75000URポイント

25000アラスカマイル

53000メリルポイント(詳しくはこちらの記事

 

これに加えいくつかクレジットカードを作りハワイ旅行を実現させたいと思います。

 

 

新たな戦略

 

 

 

 

 

 

作るクレジットカードはアラスカクレジットカード2枚!

入会ボーナスが30000マイル+1枚コンパニオンパスです。

つまり夫婦で1枚ずつ作れたと仮定するとその時点で貯まるマイル&ポイントは

 

75000URポイント

85000アラスカマイル

53000メリルポイント(詳しくはこちらの記事

2枚アラスカコンパニオンパス

 

となります。これを使って4人分のハワイ往復チケットを購入したいと思います。

 

 

53000メリルポイント+1枚アラスカコンパニオンパス=2人分往復チケット

 

 

メリルポイントを使ってアラスカ航空のチケットを購入し24時間以降にキャンセルして自分のアラスカアカウントのクレジットとしてもらいます(詳しくはこちら

50000メリルポイント=1000ドルまでのチケットが購入できます。これとコンパニオンパス1枚を使えば最大で2000ドルまでを2人分のチケット購入に使うことが可能です。

アラスカ航空のハワイ往復チケットは安ければ800ドル前後、高ければ1200ドル前後で購入できます。なので1000ドル前後で購入できると考えています。

というわけでこれで2人分の往復チケット購入できます。

 

 

75000URポイント+1枚アラスカコンパニオンパス=2人分片道チケット

 

 

URポイントをステートメントクレジットとして750ドルもらい先ほどと同じようにアラスカコンパニオンパスを使ってチケットを購入します。

片道チケットの値段は400~600ドルぐらいなので750ドルあれば十分だと考えています。なのでこれで2人分の片道チケットを購入したいと考えています。

ハワイ行きまたはハワイ発どちらの片道チケットを購入するかはまだわかりません。

 

 

85000アラスカマイル=最低2人分の片道チケット

 

 

残りのアラスカマイルを使って2人分の片道チケットを購入します。

アメリカ本土⇔ハワイの片道特典航空券は17500マイルから購入可能ですが、休日特に年末などおそらく17500マイルでは見つからないと思っています。

22500マイルまたは30000マイルであれば見つかるでしょう。最大40000マイル支払えばどのフライトでも購入できるようです。幸い85000アラスカマイルがあるので2人分の片道チケットは購入できます。

もちろん理想は22500マイルぐらいで購入できれば最高です。アラスカマイルでできるだけ少ないマイル数で片道チケットを2枚購入し、残りは上記のURポイント+コンパニオンパスで購入するという感じを考えてます。

 

 

この戦略のいいところ

 

 

チケットの値段は出発3か月前ぐらいまでであればほぼ変わりません。つまり2018年7~8月までマイル&ポイントを貯める時間がある。

そして2往復分と2人分の片道分は特典航空券でないので空席を見つける必要がない。

アラスカマイルは若干多くマイルを支払えば空席が簡単に見つかる。

なので2枚アラスカクレジットカードが作れてチケットの値段が平年並みであれば問題なくハワイ旅行を2018年サンクスギビングまたは年末に予約できると思います。

 

 

結論

 

 

クレジットカードが予定通り作れないと諦めてしまう人が多いですが、解決方法はいくつもあります。

たとえハワイ旅行には到底マイル&ポイントが足りないという場合でも、旅行自体を諦めるのではなく目的地を変更するということもできます。マイル&ポイントは使わないと価値がありません。

この記事で伝えたかったことは、予定通りいかなくても方法は他にもある!ということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *