私が航空券を50%オフで購入した方法を大公開

 

 

 

 

 

 

 

バックグラウンド

 

 

過去に私がチケットを購入するプロセスを記事にして紹介してきました。

どのタイミングでどのマイルを使い特典航空券を予約するのかを説明するためです。

ほとんどの場合はマイルを使い特典航空券を予約することができました。しかし旅行先が人気観光地で旅行する時期がみんなが旅行するピーク時だと、特典航空券の空席が少なく予約できない場合があります。

または予約できても乗り継ぎが8時間というチケットになってしまうことがあります。

時にはチケットの値段もリーズナブルで、乗り継ぎ時間がちょうどいいチケットを購入するときもありました。オーランド旅行カンクン旅行の際はチケットをマイルを使わずに購入しました。

そして2017年末のカンクン旅行のチケットもマイルを使っての特典航空券は乗り継ぎ時間がとても長いため現金で購入しました。

 

ブログをご覧のみなさんは、

「結局現金でチケット買ってるじゃん!マイルは使えない証拠ジャン!」

「できるだけ安く旅行するということをブログで書いているのに、現金普通に支払ってるよね?」

と思う方もいると思いますが、チケットを購入はしましたが、実質チケットは50%オフで購入していたのです。今回はその方法についての記事です。

 

 

チケットを50%で買えた理由

 

 

クレジットカードです。

もうちょっと詳しく説明すると、年会費が高いクレジットカードのベネフィットでついてくるトラベルクレジットを利用して購入したエアラインギフトカードを使って購入したから50%でチケットが買えたのです。

以前トラベルクレジットについて説明したことがありました。

ほとんどの場合は、預け荷物料金などにしか使えないと書いてあるのですが、ギフトカードを購入することもできます。

その時に気をつけないといけないのは、ギフトカードを購入するエアラインと、ギフトカードの金額です。場合によってはトラベルクレジットとして認められないことがあります。

 

過去にトラベルクレジットがもらえるようなクレジットカードをいくつか作りました。そのようなクレジットカードはこちら↓

アメックスプラチナパーソナル(年会費450ドル):2枚

アメックスプラチナパーソナルアメリプライズ版(年会費無料):1枚

リッツカールトンクレジットカード(年会費450ドルだけど裏技使って年会費0ドル):1枚

 

上記のアメックスプラチナクレジットカードはトラベルクレジットが年間200ドルもられ、リッツカールトンは300ドルもらえます。

トラベルクレジットはカレンダーイヤー(1月~12月)につきもらえるので、上記のアメックスプラチナクレジットカードを作れば2年分のトラベルクレジット(400ドル)が初年度でもらえます。

我が家の場合、3枚アメックスプラチナ、1枚リッツカールトンクレジットカードを作り、そのベネフィットのトラベルクレジットを使いギフトカードを購入したので、合計で400ドルx3+300x2=1800ドル分のギフトカードをもらえました。

しかし4枚のうち2枚は初年度の年会費を支払わないといけなかったので、支払ったのが900ドル。

つまり1800ドルのギフトカードを900ドル支払って購入したという計算になります。

これが航空券を50%オフで購入できたカラクリです。

 

クレジットカードの年会費を支払えばトラベルクレジットももらえ、入会ボーナスももらえ、そのほかのベネフィット(ラウンジアクセスなど)も使える。

つまり年会費の全てをギフトカードを購入したコストとして計算するのは正確ではありません。実際には割引率はもっと高いでしょう。

 

 

結論

 

 

我が家は航空チケットはマイルを使ってほぼ無料で購入するか、格安にエアラインギフトカードを使い購入しています。

過去5年間正規の値段で航空チケットを購入したことはありません!

記事の中でマイルを使って購入しなかったと書かれてあっても、普通の人が購入する値段の55%またはそれ以上の割引で購入しています。こんなことを可能にしてくれるのはクレジットカードがあるからです。

クレジットカードを最大限に利用することで、限りなく無料に近く、または破格の値段で旅行をすることが可能なのです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *