Chase Sapphire Reserveはキープするべき?

 

 

 

 

 

 

バックグラウンド

 

 

これからマイルを貯め始めたい方!どのようにすればマイルが貯まるか全てわかりやすく説明しているこちらの記事を参考にしてください。

 

約1年ほど前にChaseはSapphire Reserveを発表しました。発表されてすぐは入会ボーナスが100000ポイントと素晴らしいものでしたが、今となっては50000ポイント(半分)。

さらに最近は300ドルのトラベルクレジットがカレンダーイヤーではなく、メンバーシップイヤーになってしまいましたね。

年会費が450ドルと高額なので今となっては作る価値があまりないクレジットカードの1つになってしまいましたが、約1年前に作った人は2年目の年会費がそろそろアカウントにチャージされる頃でしょう。

この記事ではSapphire Reserveをキープすべきか?キャンセルすべきか?について話したいと思います。

 

キープする基準は?

 

 

「クレジットカードのベネフィットが年会費よりも価値がある場合はキープ」

 

当然と言えば当然なのですが、色々とベネフィットのことやポイントなどを考えていると忘れがちになります。

キープするクレジットカードは年会費の値段よりも高い価値を与えてくれるものでなければなりません。だってそうでなければ損するわけですから。我々は損するためにクレジットカードを作っているわけではありません。全く逆ですよね?

 

 

Sapphire Reserveベネフィット

 

 

もう一度ベネフィットをおさらいしましょう。

  1. ダイニング+トラベルで3%
  2. 300ドルのトラベルクレジット(カレンダーイヤー)
  3. ポイントをURトラベルで使うと1.5セント
  4. プライオリティーパス
  5. 100ドルグローバルエントリーまたはTSA pre check

 

このクレジットカードをキープするのにふさわしい人はずばり!旅行を頻繁にして普段から最低300ドルはチケット代を支払う人+外食が多い人です。

 

何故か?

 

まず、普段からチケットを現金で支払って旅行する人は確実に300ドルのトラベルクレジットを有効活用できます。

つまりこのタイプの人にとっては、300ドルのトラベルクレジットの価値が300ドルなのです。

逆に私のように旅行はするけど現金を支払ってチケットを購入しない人にとって300ドルのトラベルクレジットは300ドルの価値はありません。

理由は、300ドルチケット代に使う予定がないのにトラベルクレジットがもらえるからもらっているという状況になります。つまり買わなくてもいいものを購入しているというのと変わりありません。

 

次に、旅行する=外食が必然と多くなりますよね?外食で3%貯まるのは魅力的です。

先ほどの300ドルとラベルクレジットを年会費450ドルから引くと、150ドルです。

150ドル分のポイントは15000ポイントで、15000ポイントを3%カテゴリーで貯めるには5000ドル使う必要があります。

年間でトラベル+ダイニングで5000ドル以上使っている人にとってはSapphire Reserveをキープする価値があります。過去1年のステートメントを確認してみてください。

 

残りの③~⑤はSapphire Reserveの価値をそこまで上げるものではないと思います。理由は他のクレジットカードでも同じベネフィットがもらえるから。特に④と⑤。

Sapphire Reserveで貯めたポイントを現金として受け取る人はごく少数かと思います(少なくとも当ブログを読んでくれている人は)。URポイントの一番価値のある使い方はトランスファーして使うことです。

このように考えると、貯めたポイントを③のように使う場合はあまり多くないと考えます(決して悪い使い方ではありません。上手に使うととても便利なベネフィットです)。あったとしてもそれがメインでSapphire Reserveを作った人は少ないと思います。

 

(Sapphire ReserveとFreedomの5%カテゴリーを組み合わせて使うと最大で1ドルを使って貯まるポイント=7.5セントとして使うことが可能となり威力は巨大です。5%カテゴリーで十分なポイントを毎回貯めることができるということが前提での話ですが)

 

 

キャンセルする前にダウングレード!

 

 

2年目の年会費がチャージされたらキープかキャンセル!!

と考えている人がほとんどのようですが、他にも選択肢はあります。それはダウングレード。

ダウングレードのいいところは2つ

 

1:クレジットスコアに影響ない

2:ポイントをキープできる

 

新しいクレジットカードを申請するわけではないので、クレジットスコアが下がりません。そしてクレジットをキープするのでその銀行とのヒストリーが長くなりクレジットスコアアップに貢献します。悪いことは一切ありません。

そして今まで貯めていたポイントをキープすることができます。なので焦ってポイントを使わないと!と思う必要もありません。

 

Sapphire ReserveをダウングレードするとSapphire になります。Sapphire preferredよりも1つ下のランクで年会費が無料のクレジットカードです。

Sapphire はポイントをトランスファーできませんのでそのことだけは注意です。もしポイントをトランスファーして使いたいのであればダウングレードする前にしましょう。

 

Sapphire ReserveをSapphire preferredにダウングレードするという方法もありますが、Sapphire preferredは年会費があります(95ドル)。Sapphire とは違いトランスファーできることが強みです。

ちなみにSapphire ReserveをSapphire preferredにダウングレードして、さらに半年~1年待ってからFreedomにダウングレードするという方法もあります。

Sapphire ReserveをFreedomに一気にダウングレードするということも可能のようです。

 

 

結論

 

 

Sapphire Reserveをキープするか、キャンセルするか、またはダウングレードするかは年会費よりも価値が見出せるかで決まります。

外食+旅行が多い人はキープするといいでしょう。それ以外の人はダウングレードをお勧めします。

 

私はどうするか(もし持っていたら)?

確実にダウングレードです。理由はそこまで外食多くしない+旅行はできるだけ現金を使わずにマイル&ポイントを使ってチケットを購入するからです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest

9 thoughts on “Chase Sapphire Reserveはキープするべき?”

  1. こんにちは!たしかに300ドルのトラベルクレジットと3%のトラベル・ダイニングのポイント以外これというベネフィットはないですね。
    私はHyattのカードメンバーでもあるんですが、こちらのカードだとダイニングは2%だけなので、Hyattのポイントに換える場合、サファイアリザーブのほうが早くポイントがたまるんです。ハイアットは1泊のアニバーサリーの無料宿泊があるのでこちらはこちらでキープする予定です。

    1. さちこさん

      コメントありがとうございます。
      確かにダイニングのカテゴリーで使うのであればハイアットクレジットカードよりもReserveの方が1.5倍速くポイントが貯まりますね!
      特にトップカテゴリーのハイアットだとたくさんポイントが必要になるので1.5倍で貯まってくれるのはかなり助かります。

      ハイアットのアニバーサリーでもらえる無料宿泊は比較的使える場所が多いのでいいですよね(ホノルルでも使えますし)
      クレジットカードのベネフィットって結構考えられて作られているんだな~ということが感じられます。両方キープしたくなってしまいますからね(笑)

      1. そうなんです。今のところ両方キープしています。
        今SGP,HYATTとサファイアリザーブで、今度BarclaysのArrival Plusもちょうどサインアップしました。これは多分一年で解約します。
        以前キーウェストに行くとコメントしたの覚えていますか。
        12月の最終週というハイシーズンのトリップなんですが、無事すべて予約できました。エアはReserveカードのトラベルで片道チケットを買い、ホテルは5泊ですが、SPGとHYATTのポイントですべて取れました。HAYTTのCentricホテルに宿泊しますが、キーウェストでそのシーズンこのホテル1泊900ドルぐらいするので、すごくラッキーでした。ポイントが少し足りなかったんですが、そういう時は40%ボーナスがつくときにポイントを買っておきました。いつも参考にさせてもらっています。

        1. さちこさん

          もちろん覚えていますよ~!
          ハイシーズンのキーウエスト旅行をすべてマイル&ポイントで予約できたなんてすごいですね!お見事です!
          キーウエストはホリデーになるとホテルの空室がなかったり、航空チケットがすごい高かったりしますよね。私も何度かキーウエストに旅行に行こう!と計画立てていたのでどれぐらい人気の場所かわかります。
          キーウエスト自体のホテルの数も少ないのでなおさらポイントで予約するのは難しいんですよね。
          年末のキーウエスト楽しみですね!

  2. Reserve2年目に入り、今年は高額な年会費のカードなだけにベネフィットは生かそうと、遅ばせながらグローバルエントリーにアプライして昨日面接に行きアプルーブされたところです。ニューアーク空港にもすぐに行けるので去年の時点でやっておけばと思いました。300ドルのトラベルクレジットもすぐに使ってしまうので、400ドル分は確実に消化といったところです。今は先日届いたspgビジネスのmsのため、他のカードは休業状態ですが。

    1. njさん

      コメントありがとうございます。グローバルエントリーはある意味ファーストクラスに匹敵するぐらい優越感を感じれるものだと思います。イミグレの入国審査で大勢の人が並んでいるのを飛び越しすぐに入国できるので、我が家はかなり重宝しています。TSA precheckも毎回もらえるのでセキュリティー抜けるのも簡単です。

  3. 陸さん

    いつも、有益な情報、ありがとうございます。
    これは、考え方次第になるのかもしれませんが、陸さんが別途記載をされている下記の記事

    クレジットカードで家賃を支払いながらポイントを3倍の速さで貯める裏技
    http://www.rikumiley.com/airline-miles-hotel-points/how-to-maximize-paying-rent-with-radpad

    との合わせ技で行くと、このカードは外食⁺旅行がそれほど多くなくても
    それなりのポイントをためることができるオプションを持ち合わせているカードと
    考えてもいいのかなと思うのですが、どうでしょうか?
    URポイントが、新規カード作成によるボーナスがこれほどもらえなくなってきているので、そのように考えましたが、陸さんのご意見、お聞かせいただければ嬉しいです。
    アメックスポイントなどと比較すると、どちらをためようかとためやすさの観点から色々と考えてしまいます。。。

    1. TKさん

      コメントありがとうございます!

      このカードは外食⁺旅行がそれほど多くなくても
      それなりのポイントをためることができるオプションを持ち合わせているカードと
      考えてもいいのかなと思うのですが、どうでしょうか?

      確かに外食や旅行のカテゴリーでの出費が少ない人でもRadpadを使うことで3%ポイントを貯めることができます。
      なのでReserveは年会費が高額ですが結構魅力的なクレジットカードだと思います。
      ただ、Radpad経由で3%つくのがずっと続くわけではないということを理解してReserveを作った方(またはキープ)がいいと思います。
      あと3カ月続くかもしれませんし、1年続くかもしれません。いつできなくなるかは誰にもわかりませんが、いずれ終わりは来ます。それまでにできるだけこの方法でポイントを貯めることができる状況であれば是非やるべきだと思います。

      1. 陸さん

        ご意見ちょうだいいただき、ありがとうございました。
        今、このカードを持っているので、この方法でできる限りの間、キープしたいと思います。

        ありがとうございました!!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *