ANA特典チャート&特典航空券ルール完全攻略ガイド2017年版―ANAが教えてくれない片道チケットを無料で予約する裏技

 

 

 

バックグラウンド

 

 

前回JALの特典航空券の予約に関するルールを記事にしました。今回はANAの特典チャートおよび特典ルールについて説明したいと思います。目標は前回のJALと同様に、特典航空券を予約するのに知っておくと便利なルールを説明します。

 

 

特典チャート

 

 

ANAは3つ特典チャートがあります:

ANA特典チャート

ANA提携航空会社特典チャート

世界一周特典チャート

 

JALとは違いANAの場合自分がどの特典チャートを使わないといけないのかが比較的簡単にわかります。特典チャートの名前を見れば一目瞭然ですが、ANA運行便のみでの特典航空券はANA特典チャートを使います。

ANA以外の航空会社が特典航空券に含まれる場合はANA提携航空会社特典チャートを使います。

最後に、世界一周(太平洋と大西洋横断フライトを含む特典航空券)の場合は世界一周特典チャートを使います。

 

例えば、

往路:シカゴ→成田(ANA)

復路:成田→シカゴ(ANA)

この場合↑はANA特典チャートを使います。全て乗る飛行機がANA運行便のためです。

往路:シカゴ→成田(ユナイテッド)

復路:成田→シカゴ(ユナイテッド)

ANAの変わりにユナイテッド運行便しか空席がなかった場合には全く同じルートでもANA提携航空会社特典チャートを使います。もちろんANAと提携航空会社のミックスでもANA提携航空会社特典チャートを使います↓

往路:オマハ→シカゴ→成田(オマハ→シカゴはユナイテッド、シカゴ→成田はANA)

復路:成田→シカゴ→オマハ(成田→シカゴはANA、シカゴ→オマハはユナイテッド)

 

世界一周旅行の定義は太平洋と大西洋を横断するフライトを含むチケットです。つまり、

シカゴ→成田(←太平洋横断)→フランクフルト→シカゴ(←大西洋横断)

 

簡単に1つ1つの特典チャートのいいところと弱点を説明すると、

ANA特典チャート:

+:必要マイル数は3つの特典チャートで一番リーズナブル

―:ANAが運行している直行便のみ=行ける場所が限られている

 

ANA提携航空会社特典チャート:

+:提携航空会社が運行している場所に行くことができる

―:経由地が制限されている

 

世界一周特典チャート:

+:経由地の制限がない+提携航空会社が運行している場所に行くことができる

―:必要マイル数が一番多く必要+一方向にしか移動できない(西周りか東回りかどっちかでないとだめ)

 

 

必要マイル数

 

 

ANA特典チャートANA提携航空会社特典チャートを1つのテーブルにまとめました。()で表示されているのはANA特典チャートで必要なマイル数です。往復に必要なマイル数を表示しました。

出発地は北米で目的地は日本、ハワイ、ヨーロッパの必要マイル数だけを表示しています(その他の地域までの特典チャートがみたい人はANAのウェブサイトで確認してください)

 

北米発日本ハワイヨーロッパ
エコノミー(40000)
60000
4000055000
ビジネス(75000)
95000
6800088000
ファースト
(150000)
180000
120000165000

 

特に他の航空会社と比べて必要マイル数が少ないのは日本行きのエコノミーとビジネス。そしてヨーロッパ行きのエコノミーとビジネスです。特にANA運行便での特典航空券の必要マイル数はすごく!すごくいいです!他の航空会社の特典航空券の約半分ぐらいで日本行き往復購入できてしまうぐらいです。

ユナイテッドとアメリカンマイルを使っての北米発日本行きとヨーロッパ行き必要マイル数もテーブルにしました。

 

北米発日本ヨーロッパ
ANAエコノミー:40000
ビジネス:75000
ファースト:150000
エコノミー:55000
ビジネス:88000
ファースト:165000
ユナイテッドエコノミー:70000
ビジネス:150000
ファースト:220000
エコノミー:60000
ビジネス:1400000
ファースト:220000
アメリカンエコノミー:70000
ビジネス:12500
ファースト:165000
エコノミー:60000
ビジネス:95000
ファースト:130000

 

ご覧の通り、特にビジネスクラスでの日本往復チケットとヨーロッパ往復チケットが破格で購入できるというのがご理解いただけるでしょう。

 

ハワイ行きはリーズナブルです。必要マイル数が他と比べて特に多すぎるわけでもないし、少ないわけでもない。

 

 

ANA&ANA提携航空会社特典チャートルール

 

 

 特典ルール
最大乗り換え回数往路:4
復路:4
日本国内乗り換え回数往路:2
復路:2
ストップオーバー1回(目的地以外)
オープンジョー2回

 

基本的に特典ルールはどちらの特典チャートを使ってもほぼ同じです(ANAさんルール理解しやすく設定してくれてありがとう!)

最大乗り換え回数は往路と復路共に4回ずつの合計8回。そのうち日本国内の乗り換えは往路と復路共に2回ずつです。つまり日本国外での乗り換えは往路と復路共に2回ずつです。

個人的にこの日本国外での乗り継ぎが往路と復路共に2回ずつというところがANAマイルを使った特典航空券の一番の弱点だと思います。

理由は乗り継ぎ2回しかできないということは、あまり寄り道ができないという意味だからです。AからB(A-B)への直行便に空席がない場合はA-AA-BとAAを経由しないといけない場合、乗り換えの回数が1回増えてしまいますね。従って場合によっては、直行便に空席を見つけることができなければ目的地に乗り換え2回でたどり着けない場合があるのですです。

例、

往路:羽田→バンクーバー→ヒューストン→デンバー→オマハ

 

 

 

 

この場合↑本当は成田からどこかハブ空港を経由して地方都市のオマハに行きたいのですが、ピーク時で空席が見つからなかったと仮定しましょう。それが理由で出発地は羽田、バンクーバーから2つハブ空港(ヒューストンとデンバー)を経由してやっと目的地オマハに着くフライトにしか空席がなかった場合は乗換えが3回です。

ANAの特典ルールで海外の乗り換えは往路と復路共に2回ずつでしたよね?

つまり直行便に空席がなかったがために目的地にたどり着けないわけです。行きたいところにいけないのではマイルを使って旅行する意味がないですよね。ピーク時に旅行する予定の人と地方都市に住んでいる人は特に注意が必要です。

 

ANA特典ルールとANA提携航空会社特典ルールが唯一違う点は、ストップオーバー(途中降機)です。

どちらも1回ストップオーバーを使えますが、ANA特典ルールでは海外発の特典航空券のみ目的地以外で1回ストップオーバーが可能です。つまり日本発のANA特典ではストップオーバーを使うことができません。日本に住んでいる人がANAマイルを使ってストップオーバーを使うにはANA提携航空会社特典(ANA特典よりは必要マイル数が多く必要)を利用しないといけないのです。

ANA提携航空会社特典ルールには往路が復路のどちらか1回ストップオーバーを目的地以外で使えると書かれてあります。

 

オープンジョー(地上移動)はANA特典とANA提携航空会社特典共に2回可能です。ANAのウェブサイトにはオープンジョーを1回使った例はいくつも紹介されていますが、2回使った例はないですね。でも2回使えます。

復路出発地と往路目的地が異なる場合、同一国内であることが条件です。

香港と中国、香港とマカオは別国とみなされる。

デンマーク、ノルウェー、スウェーデンは同一国とみなされる。

アメリカとカナダは同一国とみなされる。

ヨーロッパは同一国とみなされる。

 

往路目的地と復路出発地が異なる場合同一エリア内であることが条件です。

ハワイと中南米の地上移動を含む旅程は対象外。

北米と中南米の地上移動を含む旅程は一部対象外。

 

さらに「乗り換え」の説明で

「目的地は乗り換えの回数に含みません」

「地上移動区間がある場合は、両端の都市を合わせて1回のお乗換えと数えます」

「途中降機は乗り継ぎ回数に含まれます」

とあります。

結局何を言っているのか?

出発地と同じ国に帰ってくるチケットじゃないと発券させないよ~。

目的地でオープンジョー使う場合は同じエリアだったらどこに行ってもいいよ!

ストップオーバーとオープンジョーを使えばよりたくさんの都市に滞在できるよ~!

とANAさんは言っています。しかし、ANAのウェブサイトにはストップオーバーとオープンジョーを両方使った例は説明されていませんね。

何故か?

たぶんあまり詳しく説明したくないのでしょう=マイルを使う人にとっては上記↑の意味を理解することでさらにマイルを効率よく使えるという意味です。

 

ここからはANAのウェブサイトには直接書かれていないけど、実際できる裏技です。

 

2回オープンジョー使う

例1

往路:成田→フランクフルト

復路:パリ→成田→沖縄

 

 

 

 

 

 

 

 

往路目的地(フランクフルト)と復路出発地(パリ)が同じでないけど、同一エリア(ヨーロッパは同一エリアとみなされるとANAさんが言っております)なのでこのオープンジョーできます。

次に往路出発地(成田)と復路到着地(沖縄)が同じではないけど、同一国なのでこのオープンジョーもできます。

すると3都市(フランクフルト、パリ、沖縄)で滞在可能になります。もちろんフランクフルトーパリは別途で手配しないといけません。自宅が東京であれば沖縄―羽田のチケットを別途で手配すれば沖縄でもバケーションを楽しむことが可能です。

 

2回オープンジョー使う=最大で3都市滞在できる

 

1回オープンジョー+1回ストップオーバーを使う

例2

往路:成田→フランクフルト→マドリード

復路:パリ→成田→沖縄(ストップオーバー)→成田

 

 

 

 

 

 

 

 

フランクフルト→マドリード以外は全てANA運行便です。しかしこのフランクフルト→マドリードを付け加えないと日本発ANA特典なのでストップオーバーは使えません(または成田→フランクフルトをルフトハンザで乗らないといけません)もちろんマドリードからパリまでは別途で手配しないといけません。

しかし!上記のチケットはマドリードからパリまでは別途で手配するだけで、3都市(マドリード、パリ、沖縄)に滞在でき、出発地(成田)に戻ってくることが可能です。ヨーロッパ旅行の帰りに沖縄で疲れを癒すことができたら最高ですよね?しかも沖縄に行くためのチケットと沖縄から自宅(この場合成田)に帰るチケットを購入しなくてもいいのであれば。

もちろん沖縄でなくても日本国内であればどこでも可能です。

 

 

2回オープンジョー+1回ストップオーバーを使う

例3

往路:成田→フランクフルト→マドリード

復路:パリ→成田→沖縄(ストップオーバー)→福岡

例2にさらにオープンジョーをもう1回使い合計で2回使うと何ができるか?

最終目的地を往路出発地と同じにしなくてもいいのです。この場合例2に加え福岡にも訪れることができます。福岡から自宅までは別途で手配する必要がありますが、1回の旅行で4都市(マドリード、パリ、沖縄、福岡)に滞在できるチケットを組めるというのはすごいですよね。

上記の例1-3はオープンジョーとストップオーバーを1つ1つ使った場合の旅程の例です。これをさらに発展させて、オープンジョーとストップオーバーを同時に一緒に使うとどんなことができるのか説明します。

この裏技を使うことで片道チケットが無料で付け加えることができます(これがANAが教えてくれない秘密です)

出発地をアメリカにします(実際予約可能なことを過去に確認したため)

例4

往路:シカゴ→成田

復路:成田→シカゴ(ストップオーバー+オープンジョー)

オーランド→シカゴ

 

 

 

 

 

シカゴが最寄空港だと仮定すると、例4のチケットは成田往復にオーランド(ディズニーワールドの近くの空港)からシカゴまでの片道が付いてきます。日本往復+オーランド片道です。これが日本往復と同じマイル数で予約が可能なのです。つまりオーランド片道が無料ですよね??

もちろんオーランド以外のアメリカ国内ならどこでもできます。はい。アメリカ国内=アラスカとハワイも可能です。

 

例5

往路:シカゴ→成田

復路:成田→シカゴ(ストップオーバー+オープンジョー)

ホノルル→シカゴ

 

 

 

 

 

ホノルルの無料片道を付け加えても必要マイル数は変化ありません。本当にホノルルからの片道が無料なのです。信じられますか?

 

例6

往路:シカゴ→成田

復路:成田→シカゴ(ストップオーバー+オープンジョー)

アンカレッジ→シカゴ

 

 

 

 

アンカレッジもアラスカ州でアメリカ国内なのでこれも可能です。夏のアラスカの大自然を体験するというのがリタイア後の楽しみという人もたくさんいるぐらいアラスカは人気観光地です。

 

例7

往路:シカゴ→成田

復路:成田→シカゴ(ストップオーバー+オープンジョー)

カンクン→シカゴ

 

 

 

 

さらにさらに!カンクンもこの裏技使えてしまいます!日本往復して、カンクン旅行の片道を付け加えても日本往復と同じマイル数で購入可能です。こんなことができるなんてANAさんはウェブサイトに書かないですよね?だってみんながやりたいだろうし。

 

例8

往路:シカゴ→成田

復路:成田→シカゴ(ストップオーバー+オープンジョー)

イエローナイフ→カルガリー→シカゴ

 

 

 

 

カナダもアメリカ国内と一緒のエリアなのでできます。オーロラを見にイエローナイフ旅行。その片道チケットが無料ですよ!

 

この片道が無料になる裏技、残念ながら日本発の特典航空券は日本国内片道にしか適応されません。理由は日本が1つのゾーンとして設定されているから。しかし国際線往復+国内片道を国際線往復と同じマイル数で予約できるのであればとてもお得ですよね。こちらがその例

例9

往路:成田→海外

復路:海外→成田(ストップオーバー+オープンジョー)

沖縄→羽田

 

最後の沖縄―羽田を無料にするには往路か復路にANA以外の提携パートナー便を入れることです。そうしないと日本国内片道が無料になりません。もちろん沖縄でなくても日本国内で乗換えが2回以内であればどこでも可能です。

しかしANA特典と提携航空会社特典の差額が余りにも大きいと、その差額で日本片道どころか、往復も購入できる場合もあるので注意が必要です。

 

世界一周特典チャートはこちらを参考にしてください。飛距離ベースです。

 

 

 

 

 

 

結論

 

 

この記事ではANAの特典チャートとルールについて特に理解が難しい「ストップオーバー」と「オープンジョー」の説明と、その使い方について紹介しました。

この2つを組み合わせることで、北米発日本行きチケットだとアメリカ(ハワイとアラスカを含む)、カナダ、カンクンからアメリカ本土への片道チケットが無料で購入できることを説明しました。これらはANAウェブサイトには記載されていない秘密の裏技です。

この記事で説明できなかったルール(簡単なルール)についてはANAウェブサイトでご確認ください。

 

特典航空券の空席チェックサービスを提供していますので、もしお手伝いが必要であればいつでもメールください。

ANAマイルを貯めるのに一番いいクレジットカードを知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest

3 thoughts on “ANA特典チャート&特典航空券ルール完全攻略ガイド2017年版―ANAが教えてくれない片道チケットを無料で予約する裏技”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *