3年間で7カ国旅したワールドトラベラー家族お勧めトラベルグッズ➄

過去の関連記事:

3年間で7カ国旅したワールドトラベラー家族お勧めトラベルグッズ①

3年間で7カ国旅したワールドトラベラー家族お勧めトラベルグッズ②

3年間で7カ国旅したワールドトラベラー家族お勧めトラベルグッズ➂

3年間で7カ国旅したワールドトラベラー家族お勧めトラベルグッズ④

 

バックグラウンド

 

アメリカ国内旅行でカーシートを持っていくべきかどうかということは、アメリカ在住で子供がいる人であれば一度は考えたことがあることだと思います。

旅行先でレンタカーがメインの移動手段だったら、結局必要だから持っていくという人も多いと思います。レンタカーで借りるカーシートは綺麗でない場合が多いですし、サイズも種類もたくさんあるとは限りません。

なので、自分の子供の体の大きさにきちんと合うのかも定かではありませんしね。

旅行中にカーシートをカーシートとしてだけではなく、空港内でのベビーカーとして使える旅行便利グッズを紹介します。

 

 

カーシートトラベルアクセサリー

Read More …

3年間で7カ国旅したワールドトラベラー家族お勧めトラベルグッズ④子供が喜ぶお勧めビーチ砂遊びセット

過去の関連記事:

3年間で7カ国旅したワールドトラベラー家族お勧めトラベルグッズ①

3年間で7カ国旅したワールドトラベラー家族お勧めトラベルグッズ②

3年間で7カ国旅したワールドトラベラー家族お勧めトラベルグッズ➂

 

 

 

 

 

 

バックグラウンド

 

我が家マイル&ポイントを使って過去3年連続でハワイに行き、今年は初めてカンクンに行く機会がありました。

ビーチと言ったら、シュノーケリング、サーフィンではなく、子供にとっては砂遊びです。坊ちゃんはビーチで使う砂場遊びセットをハワイとカンクンに持って行きました。坊ちゃんお気に入りの砂遊びセットの紹介です。

 

 

お勧め砂遊びセット

 

ただの砂遊びセットと思っている人もいると思います。

しかし旅行先で使う砂遊びセット、つまり荷物として持っていく砂遊びセットに大切な要素もあります。その要素とは・・・

 

  • コンパクトに収まること
  • 色々な種類があること
  • 使った後に砂が落ちてこない作りであること

Read More …

3年間で7カ国旅したワールドトラベラー家族お勧めトラベルグッズ➂

過去の関連記事:

3年間で7カ国旅したワールドトラベラー家族お勧めトラベルグッズ①

3年間で7カ国旅したワールドトラベラー家族お勧めトラベルグッズ②

 

 

 

 

 

 

 

バックグラウンド

 

旅行って楽しいです。海外旅行とかはなおさらテンションが上がりますよね!

新しい所に行って、新しい物を見て、新しい料理を食べ、新しい体験をする。

または、リラックスできる場所へ行き、普段とは違った形でリラックスを楽しむ。

 

海外旅行の場合はパスポートを所持する必要がありますね。飛行機の機内で、空港のイミグレで、旅行先でも必要です。

大切な書類なのできちんと管理しないと大変なことになってしまいます。私は留学する際に、命の次に大切なのはお金ではなく、パスポートだ!と言われました。

旅行に必要な大切な書類って家族が増えていくと増えます。1人で旅行していた時は荷物も少なく楽でも、2人、そして子供と一緒の旅行にはもっと荷物が増えます

パスポート、ビザ関係の書類(またはグリーンカード)、入国審査書類に記入する時使うペン、ラウンジカード、グローバルエントリーカード、飛行機のチケット、預け荷物の半券、旅行先ホテルの予約番号などが記入されたプリント、クレジットカード、デビットカード、旅行先の通貨などなど。

 

子供を連れての海外旅行では、できるだけこれらの書類を1ヶ所にまとめ、なおかつコンパクトにまとめることが大切になってきます。

今まで我が家は日本の100均で買った透明なパウチでチャックがついたものを10年ほど愛用していました。これが壊れてしまったため代用品を探して、いくつか使ってみて最終的にたどり着いたとても便利なパスポートホルダーを今回紹介します。

Read More …

3年間で7カ国旅したワールドトラベラー家族お勧めトラベルグッズ②

過去の関連記事:

3年間で7カ国旅したワールドトラベラー家族お勧めトラベルグッズ①

 

 

 

 

 

 

 

バックグラウンド

 

 

遠くに旅行、特に海外に旅行する場合は何を用意すれば便利なのか?結構悩みます。特に小さい子供(4歳以下)と一緒の旅行は大人だけの旅行とは違い荷物も多くなりがちです。

過去に「子連れ旅行のコツ」をブログで子連れ旅行が楽になるコツを紹介しましたが、我が家が旅行で実際使っていた便利品をあまり紹介していませんでした。

基本的に余計な物を購入しない我が家ですが、使っていてこれはよかった!便利だった!助かった!という物を今回紹介したいと思います。

他の子連れ家族の人に参考にしてもらえたら嬉しいなーと思います。今回の記事は私(陸)の妻マイにお願いしました。ところどころ私のコメントも入っていますが、2人の意見を織り交ぜ紹介したいと思います。 Read More …

3年間で7カ国旅したワールドトラベラー家族お勧めトラベルグッズ①

 

 

 

 

 

バックグラウンド

 

 

遠くに旅行、特に海外に旅行する場合は何を用意すれば便利なのか?結構悩みます。特に小さい子供(4歳以下)と一緒の旅行は大人だけの旅行とは違い荷物も多くなりがちです。

過去に「子連れ旅行のコツ」をブログで子連れ旅行が楽になるコツを紹介しましたが、我が家が旅行で実際使っていた便利品をあまり紹介していませんでした。

基本的に余計な物を購入しない我が家ですが、使っていてこれはよかった!便利だった!助かった!という物を今回紹介したいと思います。

他の子連れ家族の人に参考にしてもらえたら嬉しいなーと思います。今回の記事は私(陸)の妻マイにお願いしました。ところどころ私のコメントも入っていますが、2人の意見を織り交ぜ紹介したいと思います。

Read More …

子連れ旅行でのスケジュール

子供にはマイル&ポイント集めと違って攻略本が存在しません
なぜなら一人一人が違うから!
A君にとって効果抜群の裏技がBちゃんに効くとは限りません。
なので全ての子供に対しての解決策はありませんが、子供を連れての旅行先でのスケジュールについて少しお話させてください。
陸とマイは坊ちゃんが生まれる前旅行に行くと、びっちり予定を入れていました。
目的地までどれぐらい移動時間がかかるかをあらかじめ調べ、簡単な旅行のしおりみたいなのを作っていました。
理由は、せっかく高いお金払い旅行するんだからできるだけ自分たちの行きたい場所に行きたい!
誰もが思うことでしょう。
これは子供がいないからできることです。
1日中あまり休みなく予定を入れると大人でも夜にはぐったりです。
そんなペースで子供を連れてできるはずがありません。
ですのでスケジュールには余裕を持って計画することがお勧め!
で実際どのようにスケジュール決めるのか? Read More …

子連れ旅行で子供の時差ぼけ対策!

旅行特に海外旅行でつきものなのが

時差ぼけ

アメリカ在住の日本人なら誰しも経験あるはず。
大人が時差ボケの時は眠かったり、疲れたりはしますが我慢できます。
しかし小さい子供はそうはいきません。
今回は旅行中の小さな子供の時差ボケに対しどう対処するか我が家なりの方法を話したいと思います。
時差ボケは1-2時間のちょっとしたものから、6-7時間、さらにはアメリカ本土と日本のように12時間ほどと旅行する場所によってかなり変わってきます。
12時間ほどの時差ぼけは朝と夜が逆転してしまうぐらいですので、簡単には治りません=日本への里帰りの時は時差ぼけが大変
この記事ではアメリカ本土からハワイ、またはヨーロッパなどに行くときの時差(約6時間前後)をどう対処するといいか私なりに説明します。
旅行中の時差ボケ対処として大雑把に2通りあるかと思います。 Read More …

子連れ旅行隣の席を空席にする裏技

子供と旅行する時は使えるスペースがどれぐらいあるかで親の負担がかなり左右されます。
ですので理想は飛行機の隣の席が空席!がベスト!
だけど、最近旅行する人も多いしそんなことはなかなか起きません。
今日は隣の席を空席にする可能性を高める裏技です(裏技と言うほどではありませんが)
確実に隣の席を空席にする裏技があるといいのですがさすがに存在しません。
ですが隣の席を空席にする可能性を高めることは可能です。
3つのコツがあります
1. 3人座席で真ん中の席以外を指定予約する(真ん中の席は空席状態にする)
2. 3列座席の場合(通路が2つある国際線747, 787, 777, 767)中央の座席を選ぶ
3. 座席は後ろの席を選ぶ

seatcen.png
Read More …

子連れ旅行ホテルでクリブ(ベビーベッド)は借りるべきか?

クリブは基本的に無料でホテルから借りることができます(アメリカ国内は無料、ヨーロッパは有料のところが多いです)
折り畳みできる簡易用のクリブからちゃんとしたクリブまでホテルによって千差万別。
大抵クリブを貸してくださいとお願いすると、後で部屋に持ってきてくれます。
一緒に持ってきてくれるのはクリブと1-2枚のタオル
シーツや毛布などは頼まないと持ってきてくれません
そして子供用の小さいシーツや毛布はないため大人と同じサイズになってしまいます
なので小さいうちは子供用の毛布(タオルケット)をもって旅行するといいかもしれません。
うちの坊ちゃんは小さいころから一人で寝させていたので物心がつくまでは1歳半ぐらいまで?はクリブを借りて寝させていました。
1歳半以降は一緒に寝たいと言い、家族3人で一緒にベッドに寝ています。
それ以降はクリブは借りていません。
なのでクリブを借りるか借りないかは子供がクリブに寝るのに慣れているかいないかによります。
でいつも部屋で問題になるのはクリブを置く場所。
ベッドの隣だと目があったときに泣いてしまったり、物音や電気ですぐに起きたりするのでできるだけ目が合わないところ(だけどこちらからは子供の音が聞こえる距離)に設置する必要があったわけです。
ホテルによってはベッドとリビングみたいな場所が簡単な仕切りで区切られているホテルもあります(hyatt house & place、embassy suiteなどなど)
こういったホテルはとても使い勝手かよくクリブの設置場所には苦労しませんでした。
しかしこのような作りでないホテルがほとんど。
そういった場合部屋の端に設置したり、時には(1度だけ)バスルームに置いたこともありました(もちろんドア開けて声が聞こえるようにする)。
うちの坊ちゃんはかなり寝相が悪いため一緒に寝ると「川」の字というよりは「1-1」のようになってしまいます。
なので親はあまり休めなかったりもします。。。
まとめとしては、クリブで寝る子供ならぜひ借りるべき!
借り方はフロントでお願いすればすぐに持ってきてくれます。
オンラインで予約する時にコメントでクリブお願いしますとお願いしても大抵の場合は用意していませんのでご注意を。

子連れ旅行で便利朝食付ホテル一覧

子供が小さいうちは朝食はホテルで済ませられるとかなり楽です。
かと言って毎回朝食払っているとかなりな金額になってしまいます。
なので我が家は朝食が付いているホテルを選ぶことも多いです
(ハワイではhyatt placeでした。毎日同じ食事だとさすがに長期滞在では飽きます。。がジュース、コーヒー、フルーツなどは飽きないので毎日食べました)
空腹のままホテルを出て車に乗り、目的のレストランについてみたら長蛇の列。。。
なーんてことは結構ありえます。
それならば、ホテルで簡単に済ませられないか?
と思うようになった我が家であります。
こちらが朝食付のホテルのリスト:

Club Carlson:
Country inn & suites hotels
Hilton:
Embassy suites
Hampton inn
Home2 suites
Homewood suites
Hyatt:
Hyatt house
Hyatt place
Marriott:
Fairfield Inn & suites
Residence inn
Springhill suites
Towneplace suites
SPG:
Element hotels
IHG:
Staybridge Suites
Holiday Inn Express
others:
Best western
Comforn Inn
Comfort Suites
Econolodge
Mainstay suites
Quality inn
Sleep inn
Baymont inn
Days inn
Howard Johnson
Knights inn
Microtel
Super 8
travelodge
La Quinta Inns&Suites

Othersのホテルは基本的にモーテルなのでうちは利用しませんが、どこの町にもあるので便利かもしれませんね。
我が家がよく利用するのはhyatt placeとhyatt houseです
両方ともシンプルで清潔感たっぷり&部屋広めのホテルです。
それにポイントも1泊5000-8000ポイントととてもリーズナブル!
どちらもお勧め!
あとはembassy suitesも広い部屋で子連れにはとてもいいです!
上記全ての朝食はよくモーテルなどで見る感じも物が多いです。
シリアル、パン、マフィン、ベーグル、ハム、ベーコン、ソーセージ、スクランブルエッグ、フルーツ、ジュース、牛乳、コーヒー、ヨーグルトなどです。
ですので「すごくおいしい朝食!」という感じではありません。
ちょっとおいしい朝食が食べたければヒルトンのクレジットカードreserveかsurpassを作ればヒルトンホテルどこでも朝食が無料で食べれます!
ヒルトンの朝食ですので、モーテルとは違い本格的なおいしい優雅な朝食が楽しめます。
朝食ホテルで済ませ、浮いたお金でディナーちょっといところに食べに行く!というのも楽しいものです。