私のMinimum Spendのクリア方法大公開

 

 

 

 

 

 

バックグラウンド

 

 

クレジットカードを申請する際

「クレジットカードを作ってから最初の90日でいくらいくら使うと入会ボーナス○○○もらえる」

という条件が書かれています。

最初の90日で1000ドルだったり、3000ドルだったり、5000ドルだったり金額はそれぞれのクレジットカードのオファーにより変化します。

もしこの条件を満たすことができないと・・・入会ボーナスもらえません!(1度だけ私はこの間違いをしてしまいました

 

マイル&ポイントを早くたくさん貯めるには、同時に数枚クレジットカードを作ると簡単にできると何度も記事で紹介しました。

同時に(=同じ日)に数枚(=複数枚)のクレジットカードを作ると、当然Minimum Spendの金額も増えます。

たくさんクレジットカードを作ってマイル&ポイント貯めたいけど、Minimum Spendの金額が増えるから無理!という方も多いと思います。

 

この記事では、実際私が新しいクレジットカードを作った時はどのようにMinimum Spendをクリアするのかを紹介したいと思います。

過去に書いたMinimum Spendについての記事はこちらを参考にしてください)

 

支払いは全て新しいクレジットカードで!

 

 

当然ですが、出費は出来る限り全て新しく作ったクレジットカードを使います。

今まで財布に入っていたクレジットカードは一度財布から抜きます。間違っていつものクレジットカードを使うのを防ぐためです。

全てを新しいクレジットカードで支払っても、普段から月々の出費が高額な人でないとクレジットカード複数枚のMinimum Spendをクリアできません。

 

ではどうするか?

 

 

いずれ必要な費用を先払いする

 

 

今現在支払いが必要ではないけど、来月、再来月に支払いが必要なものを支払うという方法を使います。

例えば、

保険、ガス代、水道代、電気代、電話代、インターネット代

これらの費用は、住んでいる限り毎月確実に支払わないといけませんよね?

 

クレジットカードを複数枚作ってMinimum Spendをクリアするためにクレジットカードを使う必要があれば上記の費用を支払えばいいのです。

例えば、

今5月だったら、来月の6月分。それでもMinimum Spendクリアできなさそうだったら再来月の7月分も支払います。

 

サービスを提供して費用を回収する立場の企業としては、お客様からの支払いを受け取れれば今月分でも、来月分でも、再来月分でも関係ありません。

相手にとって不便なことは一切ありません。つまり、先払いしても全く問題ないということです。

 

注意:余りにも先払いし過ぎないとMinimum Spendがクリアできない場合は、作るクレジットカード枚数を減らしましょう。リスクが大きすぎます。

 

 

家賃、住宅ローン、車ローン、デイケア代をクレジットカードで支払う

 

 

 

 

 

 

 

 

家賃、住宅ローン、車ローン、デイケア代は基本的にクレジットカードを使って支払うことができません。

でもこれらって月々の出費の大部分を占めませんか?

少し費用を支払ってでもこららの支払いをクレジットカードでできるということ=よりたくさんのクレジットカードを作ることが可能=より早くマイル&ポイントが貯まる。

ということにつながります。

 

なので私は複数枚クレジットカードを作った場合、ローンやデイケア代などをPlastiqを使いクレジットカードで支払います(過去のPlastiqの記事

クレジットカードには2.5%の手数料がかかりますが、2.5%を支払っても全てオンラインでできることを考慮するとやる価値があると思いますし、実際にほぼ毎月利用しています。

2.5%の手数料を支払う代わりに、クレジットカードを使うことで最低1%のマイルまたはポイントが貯まります。

そしてMinimum Spendをクリアすることによって入会ボーナスをもらうことが可能です。

 

例、

1ヶ月の住宅ローンとデイケア代が2000ドルだと仮定します。

3ヶ月で6000ドル。

一般的なクレジットカードのMinimum Spend2枚分です。

6000ドルを全てPlastiq経由で支払ったと仮定すると、手数料は150ドル(6000x2.5%)

6000ドルクレジットカードを使い支払ったことで得られるポイントを1%と仮定すると、6000ドル支払うことでもらえるポイントの価値は60ドル。

先ほどの150から60を引くと、90ドルになります。

 

なので、90ドルの手数料を支払い2枚のクレジットカード入会ボーナスをもらえる!

というように私は捉えます。

ほとんどのクレジットカード入会ボーナスは90ドル以上の価値がありますよね?

場合によってはクレジットカード1枚で700~1000ドル近い価値がある入会ボーナスをもらえるクレジットカードがあります。

 

私はPlastiqを利用している人が比較的少ないと感じます。

ローンなどを手数料を支払えばクレジットカードで支払えるサービスがある限りは利用すべきです!

いつできなくなるかわかりませんしね!今まではローンなどをクレジットカードで支払う方法は存在しませんでした。

 

 

お気に入りの店のギフトカード

 

 

ほとんどの場合上記の方法でMinimum Spendはクリアできますが、いいクレジットカードのオファーがあってマイとほぼ同時期にクレジットカードを作ったり、Minimum Spend金額が多いクレジットカードを申請したりする場合はさらに工夫が必要でした。

次に私がすることは、普段行く店のギフトカードを購入すること。

例えば、

グロサリー、スーパー、ガソリン、レストラン

 

食材をいつも買い物する店のギフトカードをまとめて購入する場合もあります。

手数料はかからないので、500ドル分購入すればその店で500ドル分の買い物ができます(=損しない)

ギフトカードはその店がつぶれるまで使えるので失効してしまったりはしません。

 

スーパー系のギフトカードも重宝します。

例えば、ターゲット、サムズクラブ、Lowe’sなどなど普段から行く店のギフトカードを購入しておけば便利です。日用品はちょくちょく買い足さないといけないので、その時に使うようにギフトカードを購入します。

 

ガソリンギフトカードはギフトカードを売っている場所であれば、ほぼどこでも購入できます。

車があればガソリンは必要。いつも行く場所のガソリンギフトカードを前もって購入することでクレジットカードを使えるのでMinimum Spendをクリアしやすくなります。

 

レストランギフトカード。好きなレストランまたは頻繁に行くレストランのギフトカードを購入しておくのも方法の1つです。

 

ここで大切なことは、必要以上に購入しないことです。特にレストラン。

グロサリーとガソリンは1000ドル単位あってもいずれなくなり、無駄にならないので安心です。

 

 

最後はマネーオーダー

 

 

マネーオーダーを買う方法を使わないといけない場合は、1つのクレジットカードのMinimum Spendが10000ドルといった稀なケースです。

人によっては、複数枚作り1枚は普段使うクレジットカードにして、そのほかのクレジットカードは全てマネーオーダーを購入してMinimum Spendをクリアするという人もいるでしょう。

 

この記事で説明した方法はオンラインで支払いができたり、普段行く店でギフトカードを買ったりするので、余計な手間があまりかかりません。

マネーオーダーを購入するには、ギフトカードをクレジットカードで購入し、さらにそのギフトカードを使いマネーオーダーを購入し、銀行口座に入金するという手間がかかります。

マネーオーダーについてはこちらの記事を参考にしてください。

 

Visaギフトカードをクレジットカードで購入して、マネーオーダーを購入せずに普段からVisaギフトカードを支払いに使うという方法もあります。

こうすることで、マネーオーダーを購入する際の手数料が節約できます。

ここで注意が必要なのは、Visaギフトカードを使い購入したものはクレジットカードで購入した場合についてくるカスタマープロテクションが使えません。

 

 

結論

 

 

以上が私がいつも新しいクレジットカードを作った時に使うMinimum Spendの方法です。

余計な費用(手数料)を支払わずにMinimum Spendをクリアするのが一番ですが、手数料を支払っても、よりたくさんのクレジットカード入会ボーナスがもらえるのであればその手数料は損にはなりません。

特にPlastiqは普段クレジットカードでは支払えない一般家庭の出費の大部分をクレジットカードを使い支払えるので、有効活用するのがお勧めです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on Pinterest

3 thoughts on “私のMinimum Spendのクリア方法大公開”

    1. Kotaさん

      コメントありがとうございます!
      そうですね!アマゾンでギフトカード購入は簡単に(オンラインで)できるのでとてもいい方法です。
      特に普段からアマゾンを使って買い物する人にとっては最高の方法ですね!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *